無料の会員登録をすると
お気に入りができます

野外シアターで特選10作品を無料上映!横浜の赤レンガ倉庫とMARINE & WALK YOKOHAMAで「SEASIDE CINEMA 2019」

旅行・おでかけ

横浜みなとみらいエリアの横浜赤レンガ倉庫とMARINE & WALK YOKOHAMAでは、2019年5月1日(水・祝)から 5月5日(日・祝)までの5日間、無料で映画鑑賞が楽しめる野外シアター「SEASIDE CINEMA 2019」を開催。話題のアニメ作品やミニシアターの傑作など、それぞれに個性的なラインナップを上映する。心地よい5月の夜風に吹かれながら、みなとみらいの夜景と一緒に特設スクリーンに広がる映画の時間を堪能して。

THEATER RED BRICK 過去開催風景

史上初!横浜赤レンガ倉庫では細田監督の5作品を野外上映

横浜赤レンガ倉庫の「THEATER RED BRICK(シアター赤レンガ)」は、芝生の広がる赤レンガパークに約450インチの特設スクリーンが登場。今回は、「米国アカデミー賞ノミネート記念 細田守監督作品特集」と題して、長編アニメ賞にノミネートされた細田守監督の作品が集結。歴代5作品を野外で上映するのは史上初ということで、映画ファンはもちろん、アニメファンにも見逃せない。

イベントの事前予約は不要で、飲食物の持ち込みもOK。この時期は横浜赤レンガ倉庫でドイツビールとフードを楽しめる「ヨコハマフリューリングスフェスト2019」も開催中なので、手軽にいただけるフィンガーフードを購入して、芝生でピクニック気分の鑑賞もいいかも。

左/『サマーウォーズ』(C)2009 SUMMERWARS FILM PARTNERS 右/『未来のミライ』(C)2018 スタジオ地図

今年で公開から10周年を迎える『サマーウォーズ』は、先日《UPDATE》をテーマに10 周年プロジェクトを行うことが発表され、注目を集めている。数学だけが取り柄の少年“健二”が、憧れの先輩“夏希”の田舎の大家族とともに、インターネットの仮想世界を舞台に戦うストーリーは、根強い人気。

第91 回アカデミー賞長編アニメーション映画賞にノミネートされ、昨年大ヒットした『未来のミライ』は最終日に登場する。甘えん坊の4歳児・くんちゃんと未来からやってきた成長した妹“ミライちゃん”が織りなす、時空を越えた壮大なストーリーを、屋外の開放的な空間で存分に味わいたい。

左/『時をかける少女』(C)「時をかける少女」製作委員会 2006 中/『おおかみこどもの雨と雪』(C)2012 「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会 右/『バケモノの子』(C)2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS

筒井康隆の小説をもとに、初めてアニメーション映画化された『時をかける少女』は、過去に飛べる力を手にした女子高生のお話。「人生のかけがえのない時間」をテーマに、みずみずしいひと夏の青春を描いた作品は、大人女子も胸キュンできるはず。

『おおかみこどもの雨と雪』は、“おおかみおとこ”と恋に落ちた“花”と、彼女が授かった2人の“おおかみこども”たちとの13年間にわたる物語。ちょっと不思議な子育てストーリーだけど、自然豊かな田舎町の風景と親子愛は心に響く。

また、『バケモノの子』も異界との交流を描いたもので、子どもの成長を祝福する父親たちの物語の中に冒険やアクションシーンも多い作品。歴代5作品が日替りで上映されるから、ファンにとっては贅沢な5日間になりそう。

THEATER MARINE & WALK 過去開催風景

THEATER MARINE & WALK はミニシアター映画の傑作5作品を

「THEATER MARINE & WALK(シアター マリン&ウォーク)」は、波の音を感じる海辺の特別なロケーションで開催される。上映されるのは、シネマファンなら絶対に外せないという、近年ミニシアターで話題となった傑作5作品。

施設内では映画鑑賞のお供にぴったりのテイクアウトメニューも揃うので、素敵なラブストーリーや少年少女の成長物語を鑑賞しながら、お腹と心を満たそう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ