無料の会員登録をすると
お気に入りができます

1~2か月で数年続く白い歯が手に入る!最新ホワイトニング事情

ライフスタイル

プロが行い短期間で白くなるオフィスホワイトニング

クリニックで専用の薬剤や機械を使ってホワイトニングするのが「オフィスホワイトニング」です。一般的に施術を行うのは、歯科医師や歯科衛生士など国家資格をもつプロ。口の中の状況をチェックしながら施術を進めてくれる安心感は、最大のメリットかもしれません。

また、1回のホワイトニングは、1~2時間程度。高濃度のホワイトニング剤を使うので1回の施術でも効果が出やすいですが、3~6回程度通うのが一般的です。ただし、薬剤が高濃度なぶん健康な歯の場合でもしみることがあります。心配な人は、事前に相談してみてくださいね。

自宅でじっくり白い歯を目指すホームホワイトニング

一方、自宅で行うのが「ホームホワイトニング」です。専用のマウスピースにホワイトニング剤を流し込み、毎日決められた時間だけ歯に装着して行います。クリニックで行うホワイトニングに比べて薬剤が薄いため効果が出るまでには1~2か月かかりますが、時間をかけて白くするぶん、年単位で白さをキープできるのがメリットです。

ほかにも「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」を併用して高い効果が期待できる「デュアルホワイトニング」やサロンなどに行き自分でホワイトニングを行う「セルフホワイトニング」などが、最近では出てきています。ただし、後者はトラブルが起きても自己責任のため、歯科医としてはなかなか推奨しづらいところがあります。

また、ホワイトニングは、すべて保険適用ではありません。価格はクリニックによって差がありますが、効果が定着するまでで「オフィスクリーニング」なら約2万円、「ホームホワイトニング」なら2~3万円はかかるつもりで初めてみてくださいね。

ホワイトニングを断られてしまう人がいる!?

ただし、人によっては希望するタイミングでホワイトニングができない人がいます。例えば、虫歯がある人。ホワイトニングに使う薬剤は、虫歯があるとしみてしまいます。万が一、痛みをガマンできてもホワイトニングで透明感が増した歯に虫歯の黒色が透けて見えてしまったり、ホワイトニング後に虫歯治療を行うことでよけいな出費が増えたりするケースがあります。

そのため、一般的な歯科医では、ホワイトニングの前に虫歯治療を行うようにしているのです。

また、ホワイトニングは本来の歯の色を基に白くしていくため、ホワイトニング前に歯垢除去などのクリーニングをして本来の歯の色を確認しなければなりません。誰でもクリニックへ行ったその日にすぐ歯を白くできるわけではないということを覚えておいてくださいね。

「歯科医が教える即効1秒小顔」(主婦と生活社)

取材・文/浜田彩

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ