無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“脳の誤作動”で発症!? 若い女性が発症しやすい“パニック障害”

ライフスタイル

■パニック障害は“脳の誤作動”が原因!

3月2日放送の「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)では、“パニック障害”をピックアップ。番組には昭和大学の岩波明先生が登場し、パニック障害の危険性を教えてくれました。

そもそもパニック障害とは突然めまいや震え、息苦しさ、激しい動悸などが発症する病気のこと。感情をコントロールする「神経伝達物質」のバランスが崩れて、“脳の誤作動”が起こるとパニック障害になります。体を診断しても異常が見当たらないため、パニック障害と自覚するまでには時間がかかることも。ちなみにパニック障害の人は100人中2~3人なので、決して珍しい病気ではありません。

岩波先生の話によれば、特にパニック障害を発症しやすい場所は「電車の中」。逃げ場のない空間にいると、「今発作が起きたらどうしよう」という不安から発作を起こしやすくなります。ほかにも、一定時間同じ場所に居続ける美容院や歯医者も該当。また20代から30代の女性が発症しやすい傾向にあり、患者数は男性の約3倍という報告も。

同番組を見ていた人からは、「パニック障害って誰でもなる可能性があるのか」「脳って誤作動を起こすんだね…」「頻繁にはならないけど、電車内で過呼吸になる。知らぬ間に不安になってたのかな」といった反響の声が相次いでいます。

■過度なストレスがパニック障害の引き金に!

番組内では、岩波先生が作成した“パニック障害予備軍チェックシート”を公開しました。神経伝達物質のバランスを崩す大きな原因は、プレッシャーからくるストレス。さらに“喫煙・アルコール・カフェイン”の過剰摂取が重なると、パニック発作が誘発されやすくなります。

チェックシートは、「プレッシャーを感じる」「寝不足」「頻繁な飲酒や喫煙」「1日6杯以上コーヒーを飲む」「仕事や家事で多忙」の計5項目。3つ以上該当した場合は、パニック障害予備軍の可能性が。

同番組に出演した女優の大場久美子さんは、過去にパニック障害を経験したことがあるそう。克服法として「心配しないでください」と書かれたメッセージカードを常備しており、パニック障害を発症したときの意思伝達に使用。“周りに迷惑をかける”という不安がなくなるため、大場さんの発作はじょじょに減っていきました。岩波先生によれば気持ちが落ちつく“安心アイテム”を持っていると、自信がついてパニック障害の改善につながるそうです。

「働きすぎ」「寝不足」などが原因で発症するパニック障害。ふだんから規則正しい生活習慣を心がけるようにしてくださいね。

文/プリマ・ドンナ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ