無料の会員登録をすると
お気に入りができます

当たり前だけど大切なこと♡幸せになれる14の小さな習慣

小さな習慣をこつこつ積み重ねれば、大きな結果につながります。なりたい自分に近づき、幸せにもなれるのです。そんな幸せな未来を作るルーティーンを学びましょう。

2019年5月
ライフスタイル

当たり前だけど大切なこと、習慣にしない?

毎日のルーティーンが未来の幸せを作る!

小さな習慣も毎日続けて積み重ねることで、大きな結果につながります。当たり前だけど大切なことも続けて習慣にすることで、理想の自分に近づきます。なりたい自分になれるのは、幸せなことですよね。

Photo by Rowan Chestnut / Unsplash

そこで、毎日続けて幸せな未来を手に入れられる、小さな習慣をご紹介します。本当にちょっとした当たり前のことなので、今すぐに始められますよ。

毎日を健康に過ごすための習慣

1.朝起きたら朝日を浴びる

Photo by Carli Jeen / Unsplash

朝、目が覚めたら、カーテンを開けて朝日を浴びましょう。体が活動モードになり、スッキリと目覚められます。朝日を浴びて体を目覚めさせることは、日中を活動的にするだけでなく、夜の快眠にもつながります。

2.体と自分のために、おいしいものを食べる

Photo by Ali Inay / Unsplash

1日3食ある食事はせっかくなら体のため、そして自分のためのメニューを考えましょう。1日1食は健康や美容を意識した食事で体のために。1食は好きな物を食べて自分のために。おいしいものを食べれば、心も体も喜びます。

3.日常の+αで行える運動習慣を始める

健康や美容のために、運動を習慣にすることも大切です。ただ毎日忙しい中で運動するための時間を作るのは難しいですよね。そこで、日常のちょっとした時間で行える運動をしましょう。

Petri Oeschger / Getty Images

例えば一駅分歩く、エレベーターではなく階段を使う、起床したついでに腹筋する、家事する間はつま先立ち、暇つぶしのスマホの代わりにストレッチ…など。小さな運動習慣が健康につながります。

4.夜寝る前1時間はスマホを見ない

Ryan McVay / Getty Images

健康的な生活のためには、体の疲れを取る睡眠が欠かせません。毎日心地よく眠るために、寝る1時間前からスマホは控えましょう。寝る直前までスマホを見ていると、覚醒してしまい、寝付きが悪くなります。

記事に関するお問い合わせ