無料の会員登録をすると
お気に入りができます

捨てるのはもったいない!いらなくなった服の賢い処分方法11

衣替えなどをして、もう着ない服も出てくるでしょう。ただ捨ててしまうのはもったいないですよね。そこで、いらなくなった服の賢い活用法をご紹介します。

2019年5月
ライフスタイル

いらなくなった服、どうする?

捨てずに処分したい!

ちょうど今は季節の変わり目で、衣替えなどをして、もう着ない服が出てきた方もいるのでは?ただ、汚れなどもなくまだまだ着られそうな服を捨ててしまうのは、もったいないですよね。

g-stockstudio / Getty Images

実は捨てる以外にも服を処分する方法があります。そこで、いらなくなった服を賢く処分する方法を知っておきましょう。

服をお得に処分したいなら…

1.フリマアプリで売る

Photo by Oleg Magni / Unsplash

いらなくなった服の処分方法として人気なのがフリマアプリ。売ればお金にもなってお得です。捨てずに誰かに着てもらえればエコでもありますよね。まだまだ着られそうな服は、欲しい人のために売ってみてはいかがですか?

2.リサイクルショップに買い取ってもらう

リサイクルショップやブランド買取サービスで、服を買い取ってもらう方法もあります。店に持参する以外にも、宅配で買い取ってもらうことも可能です。

Liyao Xie / Getty Images

宅配であれば、袋や段ボールに詰めて送れば良いので、重い荷物を持って店舗に行かなくても良いのでラクです。査定結果はメールやオンラインで知ることもできます。

RUNSTUDIO / Getty Images

高く買い取ってもらうには、ブランドや服の状態、服に合った売るべきシーズンなどがポイントになります。また、プチプラやノーブランドだと買い取ってもらえないお店もあるのでご注意を。リサイクルショップのHPなどを確認してみてください。

楽ちんに処分したいなら…

3.買ったお店で回収してもらう

買ったお店の商品であれば回収してくれるブランドもあります。たとえば無印良品。着なくなった無印の服を持って行けば、リサイクルしてもらえます。服の他にもタオルやシーツ、カバー類なども回収しています。

SomeMeans / Getty Images

ユニクロやGUなどは店舗にある回収ボックスに服を入れるだけで、とても楽ちんです。他にも服を回収してくれるブランドはあるので、お気に入りのブランドはぜひ確かめてみてくださいね。

4.H&Mならどんな服でも回収してくれる

kana on Instagram: “主人の実家から 帰ってきました🏡  約一週間の滞在で 親戚やお友だちとBBQしたり 公園で遊んだり🚲  ひたすら人混みを避け続けた😳 . お洋服は洗濯させてもらうから 着回し重視で厳選😚 . #義実家帰省着回しコーデ . 袖のぽわんがお気に入りのブラウスは 今年も大活躍💕 .…”
instagram.com

H&Mなら別のお店で買った古着でも回収してくれます。汚れが付いているなど、どんな状態の服でも問いません。靴下片方だけでも良いのです。衣類一布につきH&Mで使えるクーポンを1枚もらえるのもお得です。

せっかくの服を有効活用してもらうなら…

5.友人や知人に譲る

Thomas Barwick / Getty Images

友人や知人に服を譲るというのも一つの手。服の趣味が似ていれば喜ばれそうです。もちろん無理にではなく、「良かったらどう?」と聞いてみてはいかがでしょうか。

6.服の物々交換会を利用する

「xChange」という、服の物々交換会があることをご存じでしょうか?ファッションアイテムに特化した、誰でも参加し、開催できるフリースタイルの物々交換会です。

lechatnoir / Getty Images

服の思い出などを書いたエピソードタグを付けるのが特徴。洋服を売るお店のようにディスプレイして、誰でも自由な時間に来店し、出店もできます。ちなみに物々交換にお金はかかりません。

xChange 公式サイト

7.洋服の寄付をする

Massonstock / Getty Images

まだ着られる服なら寄付するという方法も。必要としている人に服を贈るだけでなく、服を寄付することでワクチンになったり、募金もできたりなど、さまざまな寄付の形があります。

別の活用方法を探すなら…

8.掃除用具として使う

Photo by Hutomo Abrianto / Unsplash

服を切り取って汚れを拭くなど、掃除用具として再利用するという手もあります。服を隅々まで使って活用して捨てることになるので、これなら無駄なく処分できますね。

9.小物を作る

fizkes / Getty Images

服を布地として利用して、小物を作るのもかわいいです。例えば作れるのは、クッションカバーやポーチ、バッグ、子供用の服など。「お気に入りの洋服だけどもう着られない」というアイテムで小物を作れば、愛着もわきそうです。

どうしても捨てるなら…

10.感謝を込めてさようなら

Photo by Courtney Hedger / Unsplash

汚れてしまったり品質が悪かったりして、売るのも再利用するのも難しい服もありますよね。そういう服は残念ですが捨てましょう。その代わり、今まで着てきた感謝を込めて、捨てましょう。

11.「資源ごみ」として捨てる

Sofie Delauw / Getty Images

服を捨てるときは、大抵は「燃やせるごみ」ですが、「資源ごみ」として扱っている自治体もあります。リサイクルしてもらえるなら、ただ捨てるだけよりも良いですよね。自分が住んでいる地域のごみルールも確認してみてください。

服は着た後のことも考えて

mako on Instagram: “2019.4.17 ・ 昨日のコーデ𓅯𓍱𓇬 ・ モノトーンやベージュ系が多くても、色モノが着たくなるとまず目がいくライムグリーン🍐🥝⸒⸒ ・ スリーブレスニットとVネックカーディガンのアンサンブルは、夏はカーディガンを肩掛けしたり、別々に使って白tと合わせたり𓍯✧ (…”
instagram.com

服は着なくなってからも、さまざまな方法で活用することができます。自分のためにも、誰かのためにも、環境のためにも服を賢く処分しましょう。

記事に関するお問い合わせ