無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ズボラ女子でも大丈夫!部屋をキレイにする簡単な日常習慣♡

仕事が忙しくなるとついつい散らかりがちになってしまうお部屋・・。あなたのお部屋はどうでしょうか?中には片付けや掃除が苦手な方もいらっしゃると思います。今日はそんな方々に読んで欲しい、部屋をキレイにするちょっとしたコツをお教えします♡

2015年11月
ライフスタイル

あなたのお部屋はキレイですか?

仕事で忙しい時、気付いたら部屋が散らかってる・・なんてこともありますよね。

そして中には掃除や片付けが苦手なズボラ女子さんもいらっしゃるはず!今日はそんな方でも大丈夫!部屋を片付けるちょっとしたコツをお教えします♡

とにかく捨てる!

部屋に物があるから片付かないのです。

自分の部屋の収納スペース以上に物があふれていたのでは片付きません。まずとにかく捨てましょう!1年半以上触っていない物や着ていない服への情は捨てて、とにかく捨てましょう。

収納スペースが元々少ない部屋にお住まいの方は、衣替えをする度に着ない服は実家に送るなどして使わない物は部屋に置かないようにしましょう。自分の収納スペースで足りているのならそのままでOKです。

物の定位置を決める!

「使ったら必ず定位置に戻す」を繰り返す!

片付けの苦手な方の共通点はに「片付け方がわからない」「どこに片付けたらいいかわからない」ということがあります。

まず上記の通り、「自分の部屋の収納スペース分以上の物を増やさない」を徹底し、各物の定位置を決めます。使ったら必ず定位置に戻す!これだけでだいぶ違います。

掃除は少しずつこまめに!

気付いたら散らかっている部屋。掃除機もあまりかけていないのでは?

ずいぶん散らかってから片付けや掃除をするから面倒臭くなるのです。1日5分でもいいので、少しずつ片付けや掃除をするようにしましょう。

脱ぎっぱなし、または乾かしっぱなしの服を放置しない!

服も定位置を決めましょう。「脱いでもう1度着る服はこのBOX」「下着はこのBOX」「洗濯物はこのBOX」または「脱いだらすぐに洗濯機へ入れる」など徹底しましょう。

下着を畳むのが面倒くさい場合はこういう下着用のBOXやカゴを用意するといいでしょう。

また、どうしても「洋服を畳むのが苦手だ・・」という方におすすめな方法は、乾かす際に服をかけたハンガーごとクローゼットへ戻す術。これなら時短にもなります。

乾いた衣類をハンガーから外してそのまま放置している状態は必ず部屋が散らかる原因になります。衣類はなるべく見えない場所にしまうことがポイントです。

自分流のルールを作る!

確かに忙しくて多少散らかってしまうこともあるでしょう。しかし、「〇曜日のこの時間は掃除の時間!」「◯曜日は必ず洗濯物を済ませる!」など自分のペースに合わせて自分流のルールを作りましょう。

そうすれば突然の来客でも片付ける時間や掃除の時間が短縮出来ます。そして、気付いた時には「どこから手を付けていいかわからない!」という“手遅れ状態”を未然に防ぐことが出来ます。

あなたが自分の部屋に求めているものは?

どんなにオシャレなデザイナーズマンションに住んでいても、部屋が汚ければ何の意味もありません。

あなたが部屋の掃除や片付けを怠る事で、あなたが頑張って働いて稼いだお金で支払っている家賃も台無しです。

また、男性側が気にしないタイプなら問題はありませんが、男性が将来あなたとの結婚を考え始めた際に「片付けや掃除が苦手」というのはあなたにとってマイナスポイントです。

特に相手がきれい好きな男性なら、将来的に深刻な問題になる可能性もあります。

外面だけ着飾るのが本当の美人でしょうか?いくら高い服を着てモテていたとしても、いずれ男性とお付き合いすることになれば彼があなたの部屋に来る日はやって来ます。

最初は「その時だけキレイにしとけばいい」と考えているかもしれませんが、必ず予期せぬタイミングで彼の来訪する時がやってきますよ。

「部屋の乱れはこころの乱れ」

また、「部屋の乱れはこころの乱れ」とも言うように、こころが乱れているから部屋が散らかるというだけでなく、部屋が乱れているから家に居ても落ち着かず、こころまで乱れてくる・・という場合もあります。

他人には見えない内面=普段見られることのない部屋がキレイであるからこそ、あなた自身のこころも安定し、あなたの輝きが増すのではないでしょうか?この機会にもう一度自分のお部屋を見直してみましょう!

記事に関するお問い合わせ