無料の会員登録をすると
お気に入りができます

小田急線に乗ってパンの旅へ。小田急線沿いにあるおいしいカフェ&ベーカリー4軒

グルメ

【代々木八幡】人気のパン店〈365日〉系列のカフェ〈15℃〉

毎日きちんとしたものを食べてほしいという思いは、系列のパン店〈365日〉と一緒。

朝食はパンにとどまらず屋久島から取り寄せるこだわりの干物がメインの定食を置き、ランチは吉祥寺の〈肉山〉セレクトの宮古牛100%パティのバーガーを。夜はパンと寄り添う惣菜が並ぶ。体にいいものを欲した時に。カウンター内のロースターで自家焙煎も。エチオピアの豆をメインに扱う。

15℃
代々木八幡駅

15℃

【豪徳寺】心地いい場所、といって真っ先に思い出す。〈uneclef〉

大きな窓から差し込む光。音楽とささやき声。おいしいパンとコーヒー。店内にはカウンターが2席、テーブルが8席。ドリンクは自家製果実シロップのソーダ500円など。クッキー各 種 250円~。

チョコチップのクッキー250円(各税込)など、焼菓子も充実している。

「トロペジェンヌ」250円、「アメリカーノ」(コーヒー)400円。

(Hanako特別編集FOOD MOOK掲載:photo:Youichiro Kikuchi, Akiko Mizuno text:Taeko Terao, TomokoMatsumoto edit:Rie Nishikawa)

uneclef
豪徳寺駅

uneclef

【代々木上原】まるでパリのパン屋さん。〈カタネベーカリー〉

2002年にオープンした〈カタネベーカリー〉は、駅から徒歩10分ちょっとの住宅街の中。にもかかわらず、朝から閉店まで人が途切れることなく訪れるお店だ。また、近所の飲食店にもパンを卸していたりと、食のプロも認めるパンを作り続けている。フランスのパン屋のように、〈カタネベーカリー〉は早朝7時から営業する。地下のカフェに下り、旅行気分で、「パリの朝食セット」を頼む小さな贅沢。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ