無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ヒルナンデスから食べるすき焼きまで!?平成を駆け抜けた話題のグルメまとめ

グルメ

“ミルク”と”小豆”が程よく溶け合い、小豆の優しい甘さが口いっぱいに広がる、秋冬にぴったりの心和むアイスクリーム。

ミルクアイスクリームの隠し味に小豆リキュールを加えました。ひとさじ口に入れた瞬間に、小豆の風味がふわりと鼻に抜け、濃厚ながらもすっきりとした上品な後味に仕上げられています。

久世福商店「食べる、すき焼き」

名称は「食べる調味たれ」です。
また、信州の名工が醸した”究極の醤油”を使用。本醸造生醤油と五分生引きたまり醤油をブレンドさせ熟成、とのこと。

この「食べる、すき焼き」には黄身は入っていないので、黄身の味はしません。
どちらかというと「牛しぐれ煮」に近い。

今まで「うなぎのタレ」だけでご飯数杯食べられると思っていましたが、それに匹敵するご飯のお供です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ