無料の会員登録をすると
お気に入りができます

便秘・肩こりはゴロ寝で改善!? お腹やせもできる骨盤枕で不調ケア

ビューティ

骨盤枕の効果って?

ごろっと上に寝るだけでラクやせが叶う骨盤枕ですが、そのほかにはどんな効果があるのでしょう。

「骨盤枕を腰に当てて寝るだけで、お腹からサイズダウン。腰だけでなく気になる部分に骨盤枕をあてて寝ればお腹以外にも効果的です。また、骨盤枕で寝ることでお腹が伸び、内臓の調子が整うので代謝もアップ。さらに、かたくなった筋肉をほぐし辛い不調のケアができたり、体のゆがみを矯正して姿勢も美しくなります」(アスカ鍼灸治療院院長 福辻鋭記先生)

家にあるものでできる! 骨盤枕のつくりかた

ダイエット面だけでなく、不調のケアにも効果的な骨盤枕。まずは家にあるものを使って骨盤枕をつくりましょう。

【使用するもの】

・バスタオル2枚
・ひも

同じサイズのバスタオルを2枚重ね合わせ、横半分に折り、さらにもう半分に折りたたんで1/4幅にします。次に端からタオルを巻いていきます。このとき空気が入ってゆるんでしまわないよう、きつく巻くようにして。タオルを巻ききったら硬い状態をキープするようにひもを巻きます。

目の疲れも一緒にスッキリ!肩こり改善
肩を中心に背中や首の筋肉がこり、血流が悪くなることで起こる肩こり。背骨に沿ってタテに骨盤枕を置いて、背中全体を伸ばします。

1)あお向けになり両手を上げて手のひらを床に
両脚をそろえて伸ばし、床に座ります。骨盤枕を背骨に沿ってタテにあてたら、片手で骨盤枕を押さえながら、少しずつ体を倒して。あお向けになったら、両腕を頭の上に上げ、小指同士がつくように腕を内側にひねり、床に手のひらをつけます。脚はリラックス。背中が伸びているのを感じながら、5分キープ。

2)上体を左右に動かして骨盤枕で背中マッサージ

あお向けのまま、両手を下ろし、上体を左右にゴロゴロと動かして骨盤枕が当たる位置を変えながら、背中全体をマッサージ。気持ちよければ、時間を気にせず行いましょう。

毎晩行ってスルリ快便 便秘解消

お腹が冷えるなどして、腸の働きが悪くなると便秘になりがち。夜寝る前などに骨盤枕で腸を刺激すれば、毎朝規則的な便通が!

1)骨盤枕を下腹にあててうつぶせに

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ