無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ヘアカットで大切なのは「伝え方」理想の髪型を実現できる“ヘアマッチングの法則”

ヘアスタイル

美容院でヘアカットする際は、オーダー通りの髪型に仕上げてほしいですよね。しかし髪質などの問題で、イメージとは違うヘアスタイルになる場合も。ネット上では、「ヘアカット後の仕上がりに満足できなかった」「期待していた髪型と全然違う…」「ヘアカタログを見せたけど写真とは違う髪型になった」「髪質のせいで理想のヘアスタイルになれない」といった声が上がっています。そこで今回は、理想の髪型を実現できるオーダー術をご紹介。美容室でオーダーする際は、しっかりとコミュニケーションを取って理想の髪型を手に入れてくださいね。

■“気持ち”と“気分”を伝えることが大切!

3月2日放送の「助けて! きわめびと」(NHK)には、ヘアライターの佐藤友美さんが登場。4万人以上のヘアスタイルを美しく変身させた佐藤さんが、“理想の髪型になれるオーダー術”を教えてくれました。

まずはじめに、理想の髪型になれる“ヘアマッチングの法則”を紹介。ヘアマッチングの法則とはオーダーの際に大切なポイントで、“顔型・髪質”“気分・気持ち”“スタイリング法”の3種類に分けられます。顔の形や日頃のスタイリング方法を細かく伝えることで、イメージのズレを解消できるそう。

中でも、最も重要なのが“気分・気持ち”。「憧れの人物像」と「なりたい自分」をしっかりと伝えるのが、“理想の髪型”に近づくコツです。「憧れの人物像」は、「こうなりたい!」と思えるようなモデルや女優の名前を伝えるとわかりやすくてGOOD。「なりたい自分」は、理想の髪型からイメージできるキーワードを3つ伝えてください。キーワードを考える際はあらかじめ“褒められてうれしい言葉”を20個書き出し、そのときの気分に合うワードを3つ選べばOK。そうすることで「なりたい自分」が明確になり、髪型をオーダーするときに役立ちます。

髪型を説明する際は、「女優の米倉涼子さんをイメージして、『上品・キレイ・おしゃれ』な感じにしたい」と“気分・気持ち”を込めてオーダーしてみましょう。

■小顔に見える効果がある「命毛」とは?

次に紹介してくれたのは、「命毛(いのげ)」を活用するオーダー術。命毛とはフェイスラインに沿って髪を垂らしたヘアアレンジのことで、小顔に見せる効果があります。美容室で「フェイスラインに沿って垂らす髪」を作ってほしいとオーダーすれば通じるそうなので、トライしたい人はぜひ試してみて。

番組の最後に佐藤さんは、「自分がなりたい姿を恥ずかしがらずにちゃんと伝えてほしい」「そうすれば美容師さんから『正しい処方箋』をもらえる」とコメントしていました。

同番組を見ていた視聴者からは、「オーダーする際は恥ずかしがらずに伝えるようにする!」「しっかりと言葉にすることが重要なのか。とても勉強になりました」「今度ヘアカットするときは佐藤さんが教えてくれた極意を実践してみようかな」「髪を切ったときっていつも納得できない部分があったけど、オーダー術を活用すればもう安心だね」といった反響の声が続出。

ワンランク上の仕上がりを体感したい人は、ぜひ“佐藤さん直伝のオーダー術”にトライしてみてはいかが?

文/プリマ・ドンナ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ