無料の会員登録をすると
お気に入りができます

歯茎の色が変だと思ったら!健康的なピンク色をキープするためのケア

美容

健康的な歯茎は引き締まっていてピンク色

まずは、改めて歯茎の色をじっくり鏡で見てみてください。イメージしていた色とは印象が違う!という人もいるのではないでしょうか?

健康的な歯茎とは、充血していないピンク色。腫れていたり、プクっと膨らんでいたりする様子はなく、歯と歯の間はキレイな三角形をしていて引き締まっている状態です。ほかにも、歯を磨くときや固いものを食べたときに血が出る人は歯周病になっているということなので1度クリニックへ相談に行きましょう。

暗紫色や黒く見えるのは差し歯や被せものが原因だった

次は、ピンク色以外の歯茎の色について解説しましょう。

歯茎が暗紫色や黒ずんで見えた人は、2通りの原因が考えられます。そのひとつが、差し歯や被せものが溶け出している場合です。

神経の治療をしたあと、差し歯をするときは、メタルコアという金属製の土台を歯茎に入れることが多いのですが、金属の銀イオンは少しずつ歯茎に色移りしていくのです。見た目を考えて被せるものや差し歯はセラミック製のものを選ぶ女性もいると思うのですが、土台や裏打ちまでセラミック製のものにするという人は多くはありません。保険診療内で使用される銀歯も同じく銀イオンが溶け出していきます。同じ金属でもゴールドにすれば、色移りはしないのですが、費用もかかりますし、前歯であれば見た目的にもハードルは高いですよね(笑)。

また、歯茎を暗紫色や黒ずんで見せるもうひとつのケースが喫煙です。タバコに含まれるタールやニコチンなどの有害物質が歯茎に染み込んで歯茎の色を悪くしていくのです。クリニックによってはレーザーで焼き取ることもできるのですが、喫煙習慣が改善されなければ結局また歯茎の色は悪くなってしまいます。歯茎のことを考えるのであれば、タバコはやめるのが1番ですね。

赤紫色に見える人は歯周病の可能性アリ!

歯周病は、歯茎を腫れさせるだけでなく色も変えます。初期の歯周病のときは、赤く腫れ、放置して症状が進行すると紫色や黒ずんで見えるようになっていきます。

歯周病は、歯と歯茎の境目にたまった歯垢が硬くなり歯石という物質になり、周りに細菌が集まることで進行していきます。ですが、そもそも歯石たくさんたまっている人は、歯茎の下に歯石の黒やグレーが透けて見えています。

歯茎のピンク色をキープするためには、歯磨きをするときに歯だけでなく、歯周ポケットに歯ブラシを当てみがきましょう。また、フロストや歯間ブラシなどのサブアイテムを必ず使うこと。それだけで歯垢除去率はかなり上がります。

ただし、歯石は歯ブラシで取ることができません。2、3か月に一度はクリニックでスケーリング(歯垢・歯石除去)をしてもらうようにしましょう。

「歯科医が教える即効1秒小顔」(主婦と生活社)

取材・文/浜田彩

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ