無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もう日曜の夜に落ち込まない!月曜日を楽しく乗り切るためのヒント6選

今の仕事に対して大きな不満はないのに、月曜日が近付いてくると憂鬱になる方は多いのではないでしょうか?できるだけ楽しく週の始まりを迎えられるように、ちょっとした工夫をしてみましょう♡

2019年5月
ライフスタイル

月曜日になると憂鬱…

楽しかった週末が終わってまた月曜が来ることを考えると、何だか悲しくなりませんか?1週間の始まりから暗い気持ちになると、余計に疲れが増してしまいますよね。

Deagreez / Getty Images

そこで今回は、明るい気持ちで月曜日を迎えるためのヒントをご紹介します。少し過ごし方を変えるだけで、気分が変わりますよ。

elenaleonova / Getty Images

ただし、気分が沈むだけでなく体調まで悪くなる場合は注意が必要です。周りに相談したり医療機関を受診するなどして、心と体をいたわってあげてくださいね。

月曜日を楽しく過ごすためのヒント

①同じ時間に寝起きする

お休みの初日は、いつもより少しでも遅くまで寝ていたいですよね。しかし週末の間に起床時間がずれると月曜日は時差ボケのような状態になり、体のだるさや眠気を引き起こしてしまいます。

Deagreez / Getty Images

特に月曜日から忙しくなりそうなときは、お休みの日も同じ時間に寝て起きることを心がけてみてください。疲れが取れないときは、寝坊よりも早めの時間にお昼寝をしておくことをおすすめします。

②金曜日にできる仕事は終わらせる

月曜日が近づくと憂鬱になる原因の1つは、仕事が溜まっているからではないでしょうか?ただでさえ気分が乗らないのに普段よりも仕事量が多ければ、辛く感じられるのは当然です。

undrey / Getty Images

金曜日はウキウキして早めに切り上げたくなるかもしれませんが、その日にできる仕事は片付けてしまいましょう。もう少し頑張るだけで、月曜日の負担がかなり減ります。

③平日に楽しめることを見つけておく

「また家と職場を往復するだけの毎日が始まる…」と思うと、ワクワクした気持ちで月曜日を迎えるのは難しいかもしれません。気分を明るくするために、週末だけでなく平日にできる楽しみを見つけておきましょう。

boggy22 / Getty Images

外食や習い事に参加できるのが理想的ですが、テレビを見たりコンビニで新商品をチェックするなど簡単なことでも十分です。月~金の間で3つ以上実行すれば、ストレスが溜まりにくくなりますよ。

記事に関するお問い合わせ