無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今すぐ試せる! 便秘解消のための裏ワザ3

ライフスタイル

今回のお悩み

ダイエットをしているのですが、便秘がちでお腹がポッコリと出ているのが悩みです。
便秘を解消するには、どうすればいいのでしょうか?

ダイエット中は便秘になりやすい

こんにちは。ダイエットトレーナーの小山圭介です。

便秘には、さまざまな原因が考えらます。まずは、日ごろの生活習慣を振り返ってみましょう。

例えば、ダイエットのためにごはんを抜いたり、食事の回数を減らしたりしてはいないでしょうか? 全体の食事量が少ないと便のカサが減り、便秘になることがあります。
ご飯を抜かずに、野菜、きのこ、海藻などから食物繊維を積極的にとりましょう。

また、腹筋の力が弱いと便をスムーズに押し出すことができません。筋トレをするほか、日常生活で「お腹を引き上げ、背すじを伸ばす」姿勢を意識するなどして、腹筋の力を強化してみてください。

そして、ストレスの多い生活も腸の動きを鈍くします。夜は、ぬるめのお湯でゆったりと入浴する、リラックスする香りのアロマをたくなど、ストレスをためこまないようにケアしましょう。

毎朝の排便のリズムをつくる

ほかにも、女性に多い便秘の原因があります。それは、外出先などで便意をガマンすることです。
直腸に便がたまると、脳に「出したい!」という信号を伝え、脳から「出して」と指令が出ると大腸が運動して排便をします。でも、便意をいつもガマンしていると、その伝達がうまくいかなくなってしまうのです。そうなると、食物繊維をとったり、腹筋を鍛えたりしても便秘がなかなか治りません。

お通じを促すために、便意がなくても毎朝トイレに座る習慣をつけましょう。続けることでだんだん便通のリズムが整っていきます。
トイレに座ったとき、ひじをひざに置いて上体を前かがみにし、お腹にグッと力を入れる姿勢とると便を押し出しやすくなります。

また、(科学的な理由はまだわかっていませんが、)香りなどによって便意のスイッチが入るとも考えられています。
好きなアロマオイルをハンカチに数滴垂らすなどして、便意が起こったときに同じ香りをかいでみてください。これを何度もくり返すことで、便意のスイッチを入れる効果が期待できます。

お通じのリズムをつくることは、ダイエットに限らず健康のためにも役立ちます。今回紹介した方法をぜひ参考にして、スッキリ体質に生まれ変わりましょう!

取材・文/掛川ゆり 写真(イメージ)/© beeboys-fotolia.com

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ