無料の会員登録をすると
お気に入りができます

噛まれることも…猫の「興奮スイッチ」が入ったときのサイン3つ

ペット

「愛猫に噛まれて、出血…!」
「引っかかれて、傷ができちゃった!」

なんて経験……ありませんか? 猫はひとつのことに集中し、興奮して周りが見えなくなると、無意識に噛んだり、引っかくことがあるのです。

興奮スイッチが入った猫をなだめるのは危険!?

cat.benesse.ne.jp

遊びなどに集中している猫に「興奮スイッチ」が入ると、興奮しすぎて手がつけられない状態になることがあります。

そのとき飼い主さんが、猫をなだめようとしたり、おもちゃを取り上げようとすると、ケガの原因につながります。興奮の延長で飼い主さんの手や足を「獲物」と勘違いして、襲うことも!

そのため、猫の興奮スイッチが入ったときの「サイン」を見極めることが大切なのです。

猫の「興奮スイッチ」が入ったときの3つのサイン

猫の興奮スイッチが入ったときには、次のようなサインが見られます。

①鼻や耳の中がピンクになる

②「ヴ〜〜〜」などと唸り声をあげる

③瞳孔が開き、ランランとした目つきに。ヒゲは前を向いている

興奮スイッチが入っているときの3つのサイン、ぜひ覚えておきましょうね!

猫の興奮スイッチが入りやすい3つのシーン

続いて、猫の興奮スイッチが入りやすい日常でよくある「3つのシーン」を紹介します。

①服や家具の合間から、人の体の一部が"ちょい見え"する

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ