無料の会員登録をすると
お気に入りができます

猫好き集合〜!かわいい猫に癒されるおすすめ映画10選

猫好きにはたまらない♡かわいい猫が登場するおすすめ映画をランキング形式で発表!猫が登場する洋画・邦画・アニメから、癒し力高めのおすすめ映画をまとめました。猫が登場するあの名作洋画から、日本を代表するアニメ映画まで、癒しの猫映画でホッと一息つきましょう。

カルチャー

猫好きはたまらない!かわいい猫たちに癒されるおすすめ映画ランキング

のんびり気ままで癒されたい時、思い出しちゃう動物といえば猫ですよね!犬みたいに従順ではありませんが、その気ままなところが昔から愛されている所以です。今回はそんな癒し要素満載の猫が出てくる邦画・洋画・アニメからおすすめの映画を紹介します。

猫が登場するおすすめ映画【第10位】ティファニーで朝食を(1961年/洋画)

www.amazon.co.jp

舞台は1940年代のニューヨーク。華やかな世界に憧れを持ち、まさに猫のように気ままに生きる女性ホリー・ゴライトリーが、同じアパルトマンに引っ越してきた自称作家のポール・バージャクと出会うところから物語は始まります。この映画の主役を演じていたのが往年の名女優、オードリー・ヘプバーン。冒頭のニューヨークにあるティファニーの前でクロワッサンを頬張るオードリーはあまりにも有名ですよね。

この映画には今もなお続く社会問題、人種問題がまだ軽視されていた頃に作られた作品のため人種差別的なブラックジョークも様々な場面で登場します。そのため、この作品は単にラブロマンスだけではなく、当時のアメリカの社会について学ぶのにも最適な作品なんです。

そして肝心の猫についてですが、この作品では主人公ホリーのペットとして登場します。そして驚いたことに、その名前は”キャット”。猫を自分に投影していた主人公がつけた名前で、「この子と同じように私も名前がないの。」と言い放つホリーのセリフには胸を突き動かされるものがあります。

誰もが自分とは何者なのかわからずに模索しながら生きているのだ、と教えてくれる名作。猫をただただ眺めていたいという人には物足りない映画かもしれませんが、この作品はあなたの心に理不尽な社会と自分の人生を自分自身で歩んでいく難しさを教えてくれますよ。仕事に追われ少し立ち止まりたいとき、猫のように自由気ままに生きる主人公ホリーに勇気付けられますよ!

猫が登場するおすすめ映画【第9位】アリス イン ワンダーランド(2010年/洋画)

www.amazon.co.jp

不朽の名作「不思議の国のアリス」、この作品はみなさんご存知ですよね。その「不思議の国のアリス」から13年後の世界を映画化したのがこの作品。この作品は思わぬ形で再び不思議の国に迷い込んだアリスが、時を経て暗黒の国いなってしまった不思議の国を元の平和な国に戻そうと奮闘するファンタジーアドベンチャー作品です。

この作品に登場する猫といえば、あのピンク色のクレイジーキャット。そう、チシャ猫です。ちなみに、チシャ猫といえばピンク色の派手な猫というイメージですが、この作品ではグレーにブルーの縞模様となっているのでイメージとは違ったチシャ猫が楽しめますよ!このチシャ猫、普段ふざけてばかりに思われがちですが、実は物語に欠かせない存在なんです。そう言い切れる理由は映画を見た人のみぞ知る…!

猫が登場するおすすめ映画【第8位】ルドルフとイッパイアッテナ(2016年/アニメ)

www.amazon.co.jp

1987年に出版され、親子で楽しめる絵本として長年親しまれている名作、「ルドルフとイッパイアッテナ」。子供の頃にこの作品を読んだことがあるという人はたくさんいると思いますが、私もそのうちの一人で、この作品が映画化されると知ったときは子供の頃を懐かしみ思い出しました。

この作品はもともと子供向けのユーモア溢れるアドベンチャー作品ですが、大人女子も楽しめる昔懐かし思い出の作品です。ちなみに、まだこの作品を読んだことがない、もしくは観たことがないという人は「イッパイアッテナ」の意味がわからないと思いますが、この作品で「イッパイアッテナ」の意味を知ったとき思わず「あ〜!」と叫びたくなりますよ!

猫が登場するおすすめ映画【第7位】メン イン キャット(2016年/洋画)

www.amazon.co.jp

この作品はタイトル通り、ひょんなことから大企業の傲慢社長が猫になってしまうコメディー映画です。映画の主役として6匹の猫がシーン別に出演しているのですが、実は監督は猫アレルギーで、アレルギー反応の出にくいサイベリアンという種類の猫を起用したのだとか。猫になりながらもなんとか人間に戻ろうする主人公トムの姿は笑いと涙なしでは観られませんよ!笑えるコメディー猫映画を観たい人に一押し。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ