無料の会員登録をすると
お気に入りができます

のっぺり顔は卒業!ふっくらリップ&ほっぺたの「立体顔」を作る顔ヨガ

ビューティ

魅力的な顔にするには「ボンッ・キュッ・ボン」が必要!

「顔もボディと一緒で、ボンッ・キュッ・ボンが必要です!」と、小林先生。

「ボディのボンッ・キュッ・ボンといえば、豊かなバスト、キュッと引き締まったウエスト、丸いヒップですよね? 魅力的な顔に見せるには、顔にも、このボンッ・キュッ・ボンが必要なんです。
顔の中でボンッとさせたいのは、ほおと唇。ここがふっくらと盛り上がっているだけで、顔全体にメリハリが生まれるだけでなく、魅力的で若々しい印象になりますよ。
反対に、顔の筋肉が衰えてくると、無表情ののっぺり顔になってしまうので、顔ヨガで立体顔を作っていきましょう」(小林先生)

「ぴよぴよ口」で、頬と唇にふっくらとした高さをプラス

顔に張りめぐらされた筋肉のうち、メリハリ顔のキーになるのは、ほおの大きな筋肉である大頬骨筋と、口まわりの筋肉である口輪筋。ここを鍛えて、ほおと唇に高さを出しましょう。ほうれい線を目立たなくする効果も期待できますよ!

1、口の中にほおの肉を吸いこんで「ひよこ」のような口にします。唇はまるくすぼめるのではなく、縦長の楕円を意識しましょう(縦にすぼめると、写真のように床に対して水平の線が入ります。左右均等の線が入るように鏡を見ながら行ってください)。

<難しい人はこれでもOK!>

唇のまわりの口輪筋が固いと上手にすぼまりません。その場合は手でサポートしましょう。

2、ヒヨコがピヨピヨとくちばしを開くイメージで、唇を縦に開く、閉じるを3回くり返します。これを3セット行いましょう。唇がうまく動かない人は<1>の状態のままででもOKです。

「チワワの顔」で上向き唇に!

年齢と共に落ちてくるのが、口まわりの筋肉の口輪筋。そのため唇にハリがなくなり、鼻の下が間延びしてきます。逆に口輪筋を鍛えれば、唇がキュッと上がり、鼻の下も短くなってキュッと引き締まった小顔に見えますよ!

1、唇を閉じたまま、上唇を押し出し、鼻の下に近づけます。

2、唇の形をキープしたままあごを上げ、10秒キープ。これを2回くり返します。

ほおと唇がふっくら! 笑顔がすてきなメリハリ顔に

ほおにパーンとしたハリがあり、唇がぷるんとしているとそれだけで健康的で魅力的。
まさに、若さと美の象徴といえるパーツがほおと唇です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ