無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[きのう何食べた?]で見たワイン必須の危険なごちそう、「鶏の香草パン粉焼き」手抜きVer.を作ってみた

レシピ

もう、焼いているときから「美味しくないハズがない!」という禁断の香り。ハーブとニンニクの香りって、ダイエットしたい酒飲みにとって悪魔のような存在ではないでしょうか。

このドラマに出てくる料理を作る人が急増中だという、『きのう何食べた?』。第4話めは、クリスマスのスペシャルディナー。メインディッシュに、「鶏の香草パン粉焼き」が出てきたというワケです。原作者である漫画家よしながふみさんは、言わずと知れた食いしん坊。食への愛が作品で爆発しまくるので、よしなが作品のレシピは「まちがいない」のだが、それにしてもたまらない香り!

作り方はズボラ主婦感激の超お手軽なもので、パン粉にハーブとにんにく、パルメザンチーズ、オリーブオイル、塩コショウを混ぜて、鶏肉にドバーっとかけて焼くだけというもの。衣がまんべんなく油を吸う唐揚げよりも、ヘルシーじゃなかろうか。

激しく余談ですが、作っていて少しだけへこみました。あると思っていた材料がことごとくない我が家の台所に。「どうせドラマのように、恋人に作るテンションじゃないですよー」「主人公のように、主婦力高くないですよー」と自虐モードになりかけました。でもそこはズボラ主婦。台所をあさると、「刻んだにんにく」という出来合いのものやいつ冷凍しておいたかわからない食パンが出てくるのです(つまり、にんにくとパン粉が切れていた)。

さらにハーブはシーズニングを使って手抜き!

さて肝心の仕上がりは……やっぱり悪魔の食べ物だー! 塩気が強くていい香りがして、いつまでも食べていたくなる味わい。オーブンから出していったん置いておく間にも、ついついカリカリになったパン粉部分をつまみぐいしてしまう。こんな料理で同棲スタートって、いいですなあ。物語の甘酸っぱさまで、いい調味料になっていて、ずるい!

文=スモモスキー

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ