無料の会員登録をすると
お気に入りができます

服はあるのに着る服がないのはなぜ?3つの原因と解決策を要チェック!

ファッション

服はあるのに着る服がないのはどうして!?

wear.jp

クローゼットは服でパンパンなのに、いざ出かけようと思ったら着る服がない!そんなお悩みを抱えている人はいませんか?おしゃれに使えるお金もクローゼットの容量も限りがあるだけに、この悩みは切実ですよね。そこで、服はあるのに着る服がない3つの原因と、その解決策をまとめてレクチャーしちゃいます。

原因1▽クローゼットの中が合わせにくい服ばかり…

「この服、かわいい!買っちゃお♡」と服を衝動買いしやすい人にありがちなのが、主役級アイテムばかりでどう組み合わせていいか分からないという問題。それぞれのインパクトが強すぎて、コーデを組もうにも何だかチグハグになってしまうんです。これを解決するには、いい意味で”普通”のアイテムを取り入れることがマストですよ!

解決策①コーデをつなぐベーシックアイテムを投入

wear.jp

白Tや白シャツ、黒タートルにトレンチコートなど、いわゆる定番アイテムと呼ばれる服は、見た目が意外と地味。でも、だからこそ他のアイテムと合わせやすいという魅力が。たとえば鮮やかなカラーがパッと目を引く花柄スカートも、白Tやトレンチコートと組み合わせればしっくりとコーデになじみます。キャッチーなアイテムを買いがちという人こそ、コーデをつないでくれるベーシックアイテムをそろえておくのがポイントです。

wear.jp

特に面積の割合が大きいボトムスは、コーデ全体を支える土台の部分。デニムでもチノパンでも、身体のラインをスッキリときれいに見せてくれるベーシックなパンツが1本あれば、合わせるボトムスに悩むトップスを救済できるはず。「毎日履いてもいい!」と思える、とっておきの1本をぜひ見つけてみて。

解決策②着回し力重視でアイテムを選んでみる

wear.jp

ときには、着回しのしやすさにポイントを置いたアイテム選びに挑戦するのも◎。この春使えるのは、何と言ってもシャツワンピなどの前開きワンピース。そのまま1枚で着るだけではなく、ボトムスをレイヤードしたり、コーデの仕上げにさらっと羽織ったりと、他のアイテムと組み合わせてとことん着回すことができちゃいます。

wear.jp

着回しにくい印象のある柄アイテムですが、ボーダートップスは別格。1枚で着てもいいし、ジャケットなどのインナーにしてもOK。しかも、カジュアルな着こなしはもちろん、レーススカートなどを使ったきれいめコーデのハズしとしても使えちゃう優れものなんです。ボーダーの太さやカラーによっても印象が大きく変わるから、数枚そろえておくと重宝しますよ。

原因2▽逆に無難すぎて主役級アイテムがいない!

「この服、何にでも合わせやすそう♪」と服を買う人は、どのアイテムを組み合わせても何だかパッとしないコーデに陥りがち。これは原因1とは逆に、無難な服ばかりでコーデのメインを張れるアイテムが足りないのが原因です。この問題を解決するのに必要なのは、ほんのちょっぴりの冒険心。トレンドを取り入れたり、一目で恋に落ちたアイテムに手を伸ばす勇気です♡

解決策①トレンドアイテムを上手に取り入れて

wear.jp

着回しやすさ重視でアイテムを選んでいる人は、ぜひトレンドアイテムの1点投入にチャレンジしてみて。たとえば変形タンクをインナーに仕込むだけでも、コーデがグッとイマっぽい雰囲気に。デザインだけ、もしくはカラーだけ、というようにトレンド要素をひとつに絞れば、着こなしに取り入れやすいですよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ