無料の会員登録をすると
お気に入りができます

結婚を引き寄せた…ガチですごい!「縁結び神社」東西3選

恋愛・結婚

1. みちひらきの大神が進むべき道を後押し

【結婚引き寄せ隊】vol. 3

恋をかなえたい! 結婚したい!! そう思ったとき、行動することは大事ですが、それですぐにうまくいくとは限らないのが、恋愛や結婚というものですよね。

わたしは独身時代、自力で行う怒涛の婚活と同時に、他力本願として神社仏閣への参拝で、縁結びをお願いしていました。昔から占いやスピリチュアルといった神秘的な世界も好きで、実際にお仕事でも携わる機会がたくさんあり、自力でも他力でも全力投球。日頃から“目には見えない世界”も大切だと考えています。

今回ご紹介する「縁結び神社」のひとつめは、猿田彦神社です。ひとりでも、家族でも、お伊勢参りへ行ったことがありますが、いずれも古くからの習わしにのっとって参拝。みそぎの二見興玉神社〜みちひらきの猿田彦神社〜伊勢神宮・外宮〜伊勢神宮・内宮(すべて三重県)の順にまわっています。

天孫降臨を啓行(みちひらき)された猿田彦大神をお祀(まつ)りしている、猿田彦神社。恋や結婚について迷っていたり、悩んでいたりするときに訪れると、進むべき方向へと力強く道を示してくれるでしょう。

神聖な場所にある方位石=古殿地

入り口の大鳥居から本殿までの間に存在するのが、昔の神殿跡を印し、十干十二支の方角(干支)を刻んだ八角の石柱・方位石です。昭和11年の御造営まで御神座のあった、神聖な場所。自分の干支やある特定の干支を順番にさわって、願いを込めるとかなうともいわれています。

“みちびきの舞”が願いを良い方向へ運ぶ

明治天皇の皇女・北白川房子さまが御参拝された際に詠まれた歌に、作曲と振り付けをした猿田彦神社独自の“みちびきの舞”。この舞は絵馬にも描かれていて、物事を良い方向へ導いてくれます。

金運が上がるといわれている“たから石”

境内には不思議な石がふたつあって、日本の国歌「君が代」の歌詞に出てくる“さざれ石”と、上の写真でご紹介している“たから石”です。たから石は、しろへびをのせた宝船に見えることから、金運が上がる石ともいわれている縁起のいい石。

また、境内社の佐瑠女(さるめ)神社は、天宇受売命(あめのうずめのみこと)を祀っているので、縁結びや芸事の上達などを願うなら、こちらも忘れずに参拝したいですね。

2. “約束を違えない”霊験あらたかな嵐山の神様

平安時代後期の儒学者・清原頼業(よりなり)公を祀る車折(くるまざき)神社。社名は、後嵯峨天皇が嵐山に訪れ、社前で牛車の轅(ながえ)が折れたことから、ご神威をおそれて門前右側の石を「車折石」と呼んで「正一位車折大明神」の神号を贈られたことに由来します。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ