無料の会員登録をすると
お気に入りができます

永遠に食べられる!「きゅうりとしょうがのぽりぽり漬け」#今週の作り置き

レシピ

今日は、ぽりぽりぽりぽり永遠に食べられるエンドレス系副菜「きゅうりとしょうがのぽりぽり漬け」のレシピをご紹介します!
じつはこちらは以前ご紹介した「ぽりぽり大根」を、夏に向けてきゅうりバージョンにアレンジしたレシピです。
しょうがが加わることでさっぱりさわやか♪ 甘酸っぱい味つけとぽりぽり食感でお箸が止まりません!

これからきゅうりのおいしい季節に、ぜひ作ってみてくださいね!

中井 エリカ

【材料】(作りやすい分量)
きゅうり 3本
しょうが 30g
しょうゆ 100g
酢 100g
砂糖 60g

【作り方】
(1)きゅうりは洗って1㎝の輪切り、しょうがは皮をむきせん切りにして、保存容器に入れる。
(2)小鍋にしょうゆ、酢、砂糖を入れて火にかけ、ふつふつとしたら火からおろし(1)にかける。
(3)半日ほど置いたら食べごろ。

きゅうりは厚めに切ることで、よりぽりぽり感が出ます!

半日ほど置いてからが食べごろで、2日ほど置くとしっかり味がしみておいしいです。

さわやかさをプラスしてくれるしょうがには、ジンゲロンという栄養成分も含まれています。
ジンゲロンには血行促進作用があり、体を温めてくれる効果があります。

これから夏に近づくと、冷房で手足が冷えてしまうことも多いかと思いますが、そんなときはしょうがを適度にとることで血流をよくして、体を温めてくれます。

体の冷えは免疫力低下や肩こり、生理痛などを招く原因にもなるので、しっかり対策したいですね。

ぽりぽり漬けは冷蔵で5日ほど保存できますので、ぜひ作り置きに作ってみてくださいね!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ