無料の会員登録をすると
お気に入りができます

5分以内で調理完了!「あと一品」を叶える超簡単おかず10選

すべて5分以内で作れる超簡単おかずをまとめてご紹介。食卓にあと一品欲しい時に無理なくパパッと調理できるものばかりなので参考にしてみてくださいね。

2019年5月
レシピ

「あと一品」を手早く叶えたい!

Toshihiro Ueki on Instagram: “【レシピあり】Fried Pork. 今日は「ゆで卵のせ豚肉炒め」を作りました! 簡単ですが、レシピのせますのでぜひ作ってみてください。卵と絡ませるのがポイントです。すりおろし生姜を少し加えて生姜焼きっぽくしていますよ! . .…”
instagram.com

メイン料理を作り終えたあと、残った食材やちょっとした時間で「あと一品欲しい」と思うことはありませんか?今回はそんな時に参考にしたい、5分以内で作れる簡単おかずをご紹介します。

5分以内で調理完了!超簡単おかずレシピ10選

①ほうれん草のツナコーンサラダ

oceans-nadia.com

ほうれん草を1分半ほど茹でたら、コーンとツナ缶と調味料を混ぜ合わせて出来上がり。簡単なのに具沢山で食べ応えもバッチリです。お弁当用のおかずとしても最適です。

詳しいレシピはこちら

②マグロとワケギの梅みそ和え

erecipe.woman.excite.co.jp

マグロとワケギを梅干しで作った梅みそダレと混ぜ合わせます。サッパリとした梅とコクのある味噌の味はマグロとの相性もバッチリで、マグロの新しい魅力を発見できる一品です。

詳しいレシピはこちら

③キノコたっぷりピリ辛ナムル

oceans-nadia.com

しめじとえのきをたっぷり使用したナムル。ごま油で香ばしく炒め、すりおろしたニンニクや唐辛子などの調味料でピリ辛に仕上げます。キノコが余った時にササッと作っておき、常備菜にしておくのもおすすめです。

詳しいレシピはこちら

④ふわふわたまごのひき肉あんかけ

oceans-nadia.com

卵とひき肉で作るボリューム満点の一品。豆板醤を加えてピリ辛に仕上げたひき肉は、最後に水溶き片栗粉を入れてトロトロのあん状にするのがポイント。ふわふわの炒り卵の上にかければ食欲をそそるおかずの出来上がりです。

詳しいレシピはこちら

⑤むき海老とアボカドの簡単なのに絶品和え

oceans-nadia.com

アボカドと海老を使った体に嬉しい簡単和え物。味付けはすし酢に麺つゆとごま油を和えるだけ。お店で出てくるような一品が食べたい時に簡単に作れてしまうので、ぜひお試しを。

詳しいレシピはこちら

⑥切り干し大根のやみつきごまポン和えサラダ

oceans-nadia.com

水で戻しておいた切り干し大根を、ポン酢しょうゆやごま油と一緒に混ぜたら千切りにした海苔を散らすだけ。好みで青ネギや白ごまを乗せれば彩りもよく仕上がりますよ。

詳しいレシピはこちら

⑦豆腐と春雨のチゲ風そぼろ煮

oceans-nadia.com

豆腐と春雨を使うことで、ヘルシーで低価格に作れる節約レシピ。煮汁には焼肉のタレを使用して手軽にチゲ風の味を再現します。具も旨味もたっぷりで、とても短時間で作ったとは思えない一品が完成します。

詳しいレシピはこちら

⑧うまたれキャベツ

oceans-nadia.com

キャベツを食べやすい大きさに手でちぎり、醤油やごま油、ニンニクチューブなどの調味料と一緒にポリ袋に入れて味付けするだけ。包丁も使わず、洗い物もなしで作れます。お酒のお供にもぴったりでやみつきになること間違いなしです。

詳しいレシピはこちら

⑨厚揚げのエビマヨ焼き

erecipe.woman.excite.co.jp

干し桜エビ、マヨネーズ、みそを混ぜ合わせたら、厚揚げに塗り広げてトースターで焼き上げるだけ。仕上げに三つ葉を乗せれば、見た目も華やかなエビマヨ焼きの完成です。

詳しいレシピはこちら

⑩オリーブ香るクリームチーズのおかかまみれ

oceans-nadia.com

クリームチーズを4等分にカットしたら、たっぷりのかつお節をまぶします。あとは器に盛り付け、青ねぎとオリーブオイルをかけるだけ。あっという間にできる絶品な一皿です。

詳しいレシピはこちら

賢くスピード調理を叶えよう♡

SEIRA on Instagram: “ᗦ↞ᐊ ᗦ↞ᐊ . . 《#献立 𖠅》 . 𖧷ツナ入り里芋コロッケ 𖧷牛すね肉の和風カレー 𖧷春菊の胡麻和え(人参、油揚げ) 𖧷赤カブの甘酢漬け 𖧷ご飯 𖧷キウイフルーツ . . こんばんは☃︎ . 奥野ファーム様( @tabechoku )の 里芋でまんまる#コロッケ 。…”
instagram.com

一品一品に時間を掛けなくとも、少しの工夫で彩り豊かな食卓が完成します。食材や時間を上手に使って、パパッと「もう一品」を叶えてみてはいかがでしょうか?

記事に関するお問い合わせ