無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「背骨!足骨!ホントに人間がいる!」 エコー画像を見る度、ゆっくり親になっていく私たち

ライフスタイル
www.gettyimages.com

ライターの宮本真知です。出産、育児のなかで仕事と子育てのバランスに迷い、ライティングの道に足を踏み入れました。子どもは授かった時がちょうどいいのだろうとぼんやりしていたら、いつの間にか結婚後3年が経過。ちょうど30歳になった節目の年でもあり、「そろそろ親になるのもいいかな」という成り行き的な妊娠でした。子育てを舐めていました。今は子どもに毎日振り回されています。
妊娠の経過は比較的順調で、赤ちゃんの体重も平均的な推移をしました。そんな中でもエコー健診は発見と喜びがいっぱいでした。

<妊娠初期ごろ>「いつも飲めるお酒が飲めない…」体調不良で妊娠発覚

妊娠8週目エコー写真

前の月に生理が止まり、大急ぎで婦人科受診したら“ストレスが原因だっただけ”という出来事があったので、多少生理が遅れていても気にしないでいました。会社の打ち上げに参加した時、ほとんど飲んでいないのにひどく酔っ払ってしまい、体調に違和感を感じました。
翌日妊娠検査薬にトライ。陽性が出たので急いで産婦人科へ。今度こそ妊娠でした!喜びのあまり、この日に母子手帳を受け取りに行ったのを覚えています。

妊娠10週目エコー写真

職場の上司にはこの時点で報告しておきました。「もし、妊娠が継続しなかったら……」ということも考えたのですが、早く伝えたほうが会社にも迷惑がかからないだろうと考えました。このとき、初めて心拍が確認できました。診察後産院の受付に行くと、「赤ちゃんに会える日を楽しみにしています」と書かれたメッセージカードを頂きました。中を開くとエコー写真が。大感激して、今でも大切に取ってあります。

妊娠12週目エコー写真

つわり真っ盛り。しかし、おなかはまだ大きくありません。この日は採血をして、麻疹、風疹などの抗体があるか、梅毒の反応がないかなどの妊娠前期検査をしてもらいました。赤ちゃんはきちんと手足が見えて驚きました。さらには背骨まで確認できました。改めておなかの中に人間がいるという感慨がわいて、不思議な気持ちに。ガイコツみたいなエコーでもかわいいと感じました。

<妊娠中期ごろ>初の3Dエコーで赤ちゃんの姿を確認!

妊娠16週目エコー写真

初めての3Dエコーでした。今までレントゲンのようなエコー写真でしか赤ちゃんを見ていなかったので、芋虫みたいな見た目でも、「ちゃんと人間だ!」と不思議な気持ちになりました。エコーを見るたびに、「本当に人間ができているんだなぁ」と、毎回特別な気持ちになります。3Dエコーは、なんとなくこちらを見ている感じがして、かわいらしいと思ったり。手を口元に寄せて、すでに赤ちゃんらしい丸っこいポーズをしています。

この日は、BPD(頭の左右幅)、AC(おなかの周りの長さ)、FL(太ももの骨の長さ)を測って、赤ちゃんの育ちぐあいを見てくれました。このエコーは足の骨を測っているところです。足の指らしき骨も見えます。先生がスムーズに赤ちゃんの頭やおなか、足を探すのが面白く、測っている最中のエコーもずっと眺めていました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ