無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今すぐべぇ~っと舌をチェック!食べ過ぎや冷えなど健康状態まるわかり!

ライフスタイル

食べ過ぎや水分過多、冷えなどもわかる「舌診」

朝、鏡で顔色やむくみ具合をみるように、舌のチェックもしてみませんか? 東洋医学では、舌診(ぜっしん)といって舌の色や形、舌苔(ぜったい)の様子で健康状態を診るという診断法があります。舌は人の体調を万能に語ります。食べ過ぎか、水分をとりすぎなのか、冷えがあるのかなども舌診を習慣にしていけばわかってきます。そう、舌は内臓の状態を映す鏡なのです。

健康で代謝のいい人の舌は、淡い紅色かピンク色で舌苔はうっすらと薄い白。形は適度な大きさでハリがあります。不調やストレスを抱えている方は、なかなかこの舌には遠いかもしれませんが、この形状を理想として覚えておいてください。

鏡の前で、基本の舌チェック!

では、早速自分の舌を観察してみましょう。起床後、なるべく明るい自然光の下でみるのがオススメ。みるべきところは舌の形、色、そして舌苔(舌についている苔状のもの)です。

健康な人の舌はピンク色

ぽってりと大きめの舌は、水分が体内に停滞気味かも

まずは舌の形をみてみましょう。肥大しているか、少し細めなのかなど全体の大きさを確認。また舌の両わきに歯形のあとがついていないか、表面が乾燥してひび割れていかも見てみます。肥大している舌や両わきに歯形がついていたら水分の過剰摂取や代謝がうまくできていないサイン。また、舌がやせて薄いようなら、血液の不足や体内の水分が足りない状態です。

舌がやや細く痩せている舌。

紫がかかった舌は、血行が悪く体に老廃物がたまっていることも

次の注目ポイントは舌の色。主な舌の色はピンクから、赤、赤みを帯びた紫、青みを帯びた紫などがあります。赤すぎる場合は体に熱がこもっていることをあらわし、暗色になるほど、体は血行不良で冷え気味です。

↑於血がある舌は、紫がかっている

舌苔の状態で食べ過ぎもわかる

そして舌苔の色や厚さをみます。主な色は、白か黄色、まれに病気で黒い人もいます。白く厚い舌苔が分厚くついている人は、むくみやすく体内に水分が滞っている状態。黄色の舌苔は食べ過ぎです。そして、舌苔が極端に少ない場合は、食生活の乱れやビタミン不足、貧血も考えられます。

自分の舌を観察して、健康管理に役立てよう

基本的な舌の見方を紹介したのでではここからは、よくみられる舌のタイプをあげていきます。養生法も一緒にチェックしていきましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ