無料の会員登録をすると
お気に入りができます

疲れ目から解放!寝る前3分の「眼球ストレッチ」で目もと美人

美容

老けの要因!「眼精疲労」は放置しないで

デスクワークが多い現代人。眼精疲労は視力の低下を招くばかりではなく、見た目にも大きく影響するといいます。

「体型を気にして、ダイエットやエクササイズなどをして体を引き締めることに目が行きがちですが、美容を気にするなら、髪や肌、歯のきれいさと同じくらいに目のきれいさも重要です。いくらやせても、目が充血していたり、よどんでいては魅力的には見えません。子どもの黒目と白目がはっきりしているように、目のきれいさは若さにもつながります。なので、お肌のお手入れと同じくらいケアしてあげましょう」と山本さん。

でも、目をきれいにするって具体的どのようにしたらいいのでしょうか。そこで、きれいな目をつくる方法を山本さんに聞いてみました。

「東洋医学では、目の疲れと肝臓はつながっていると考えられています。なので、肝臓をケアしてあげることが目のケアにもつながります。また、目の周りのクマや眼精疲労の原因のひとつには、血行不良もあります。マッサージなどで血の巡りをよくしましょう。

私がふだんしていることは、お風呂に入っているとき、浴室を真っ暗にして、湯船に浸かって蒸しタオルを目にあてて休ませます。真っ暗にするのは、光の刺激を少しでもシャットアウトして、交感神経の緊張をリラックスさせるためです。目に蒸しタオルをあてると目の血流がよくなります。

それと毎朝、スムージーとヨーグルトを食べるのですが、目の疲れを感じたら冷凍しておいたブルーベリーを多めに入れて食べるようにしています。そのほか、目にいい食べものは、ニンジンやレバー、クコの実、クルミなどがあります」と山本さんは教えてくれました。

目の周りのマッサージや蒸しタオル法、食事でもきれいな目をつくることができるのですね! これなら日常生活にとり入れやすいです。
次に実際に、山本さんが日常で行っているアイケアを教えていただきました。

眼球ストレッチ

眼球周辺マッサージ

目の周り、血行改善のツボ押し

目の温めケア

『1ウィーク セフルケアブック 〜自分の身体は自分で治す〜』(ディスカバー・トゥエンティワン)

撮影/山上忠 文/奥沢ナツ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ