無料の会員登録をすると
お気に入りができます

新しい職場環境にすぐになじみたい!好印象を持たれるコミュニケーション術

ライフスタイル

笑顔と挨拶が好印象のポイント

新入社員にしても、中途採用にしても、すでにできあがった人間関係の中に入っていく状況は、誰しも不安や緊張を感じるものです。

しかし、「『変なことを言って白い目で見られないかな』と、過度に警戒するのも禁物。とっつきにくい印象を与えてしまいます」(戸田さん)。

新しい環境に打ち解け、好印象を持ってもらうためには、

■自分から進んで挨拶をする
■笑顔で返事をする

当たり前のことかもしれませんが、この二つが大切なのです。

■自分から進んで挨拶をする

すでに人間関係ができ上がった環境へ、新参者として入って行く場合は、自分から進んで挨拶をしましょう。

「はじめまして」
「××に配属になった、○○と申します」

「こちらから先手で挨拶をして、名乗ることで、相手の警戒心が解け、『感じのいい人だな』という印象が残りやすくなります」(戸田さん)。

■笑顔で返事をする

「笑顔で接してもらうと、人は安心感を覚えます。その場の雰囲気も明るくなり、親しみやすい印象を持たれます。笑顔には、相手も笑顔にするという効果もあります。

逆に、仕事中に声をかけられたとき、『忙しいのに、何の用?』と言わんばかりに、『はい?』と不機嫌に返事をしてしまうと、相手には『怖いなぁ』『話しかけづらい人だなぁ』という印象を持たれてしまうので、注意したいですね」(戸田さん)。

笑顔に自信がない……という人は、鏡を見ながら「ニコッ」と笑ってみて、次の3つをチェックしましょう。

1口角が上がっているか
2目もとは穏やかでやわらかいか
3自然な表情か

どうでしたか? 毎日チェックすることで、自分らしい笑顔が定着していきますよ。

上司や先輩から仕事を教わるときに大切なこと

新しい環境では、仕事を教わる立場で、上司や先輩の指示を受ける場面も多くなります。そこで大切なことは―――

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ