無料の会員登録をすると
お気に入りができます

スイーツ好きが一度は行きたい![都内]不動の名パティスリー3軒

グルメ

1.〈Au Bon Vieux Temps〉/尾山台

クラシカルな西洋風の店内。ショーケースには出来たての菓子や惣菜などがズラリと並ぶ。

人気のシュー パリゴーは300円。シェフオリジナルブレンド紅茶のメランジュ スペシャルブレンド オーボン ヴュータンは茶葉も販売(110g入 1,470円)。

〈Au Bon Vieux Temps〉
■東京都世田谷区等々力2-1-3
■03-3703-8428
■9:00~18:00 火水休
■14席

(Hanakoシティガイド『気になる、自由が丘。』掲載/photo: Mina Soma, Junsuke Obi text: Satoko Kanai)

2.〈á tes souhaits !〉/吉祥寺

ブルターニュ地方の四ツ星ホテルでパティシエとしての腕を磨き、数々のコンテストのタイトルを持つ川村英樹氏の店。

「サントノーレ」580円(各税込)

自身の中に湧き起こるイメージを具現化したスイーツは国産卵やブルターニュ地方独特の塩バターなど使用する素材を吟味している点が美味の秘密。

「タルトタタン」580円

またあまおうやメロン、紅玉など国産フルーツを主役にしたケーキの中でも、和洋の栗を両方使った「モンブラン」は、開店後、1~2時間で売り切れることもあるこの店の代名詞。

「モンブラン」680円

開店前から行列のできる店だけに、ショーケースの中も瞬く間に空に!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ