無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もしかして5月病?憂鬱な気分が続くときに気を付けたいこと6選

仕事に対するやる気がダウンするだけでなく、お休みの日も遊びに行きたいと思えない。そんな気分が続いていたら、5月病かもしれません。少しでも心を軽くするために、今の生活を見直してみましょう。

2019年5月
ライフスタイル

何をしても楽しくない…

仕事だけでなくプライベートも心から楽しめなくて、モヤモヤした気分が続く時期を経験したことはありませんか?

Deagreez / Getty Images

仕事や人間関係で問題を抱えているときに落ち込むのは、ごく普通のことです。しかし特に大きな悩みもないのに気分が晴れない状態が続いているとしたら、それは5月病かもしれません。

RoBeDeRo / Getty Images

ここでは5月病かな?と思ったときに、気を付けておきたいことをご紹介します。ただし、体調が悪くなったり精神的に不安定になる場合は、専門機関などに相談してみてくださいね。

①スケジュールを見直す

予定を詰め込み過ぎていませんか?

やるべきことはたくさんあるのに、全てをこなす気力がない。そんなときはまず、今後1週間のスケジュールを見直してみてください。

www.pexels.com

無理をして予定を詰め込み過ぎていたり、急ぎではない用事まで焦って終わらせようとしているのかもしれません。優先度の低い予定を削って、大事なことに集中できる環境を作りましょう。

②一番大事なことだけをする

他の用事は手抜きでも大丈夫!

仕事では頑張ることができても、家に帰ってからは何もしたくない日もありますよね。体だけでなく心も疲れたときは、今日中にやらなければいけないことだけをすれば良いのです。

Hero Images / Getty Images

例えば洗濯物が溜まっているとしたら、ご飯はスーパーのお惣菜で済ませてもOK。たまには頑張ることを諦めて、休憩時間を確保することも大切ですよ。

③休憩の質を上げる

ボーっとすることでリフレッシュ♡

休憩時間にスマホでやテレビを見ていませんか?確かに体を休めることはできますが、新しい情報が入ってくると脳は逆に疲れてしまいます。

LightFieldStudios / Getty Images

ストレッチをしたり外の景色を見るなどして、何も考えないようにする方が休憩の質は上がります。短い休憩時間でも、十分にリフレッシュできるようになりますよ。

④整理整頓をする

忘れ物や失くし物を防ぐ!

気分が晴れずモチベーションが上がらない時期は、忘れ物やなくし物が多くなりがちです。いざというときに慌てなくて済むように、整理整頓をしておきましょう。

South_agency / Getty Images

と言っても、ただでさえ忙しいのに大掃除をする必要はありません。仕事後や寝る前に身の回りを簡単に片付けるだけでも、うっかりすることがグッと減るはずです。

⑤食べ過ぎに気を付ける

疲れているときは無理をしない方が◎

気力も体力もみなぎっているときは、スタミナをつけるためにガッツリ食べるのも良い方法かもしれません。しかし気分が沈んでいる時期は疲れやすいので、無理に食べても胃腸に負担がかかって、だるくなるだけです。

www.pexels.com

心身共にお疲れ気味だと感じたら、いつも通りか少し控えめの食事を楽しみましょう。特に大量の糖分や油分は体を疲れさせる原因となるので、できるだけ控えてくださいね。

⑥外の風に当たる

違う景色を見て気分転換!

仕事で行き詰まっていると感じたら、やはり気分転換が必要です。1分間でも良いので、外の空気に当たって深呼吸をしてみませんか?

Paul Bradbury / Getty Images

仕事の都合で外に出られない場合は、普段と違う場所でランチを取ると良いでしょう。目の前の景色が少し変わるだけでも、少し気分がすっきりしますよ。

今はできることだけをすればOK♡

Deagreez / Getty Images

すっきりしない時期を乗り越える上で一番大事なのは、焦らないこと。今の状態を受け入れて、できることを少しずつこなしてくださいね。そうすれば、少しずつ晴れやかで前向きな気持ちが戻ってくるはずです。

記事に関するお問い合わせ