無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“汚キッチン”の収納を改善♡二度と増えない「賢いモノの減らし方」

「片づけられない女」代表読者・マリさん宅を舞台に、エディターぷり子が読者の部屋を模様替えするこの企画。今回は、片付けの核となる「モノの分類」編! 「モノを減らしたいけど捨てられない」という人は必見です。

イラスト/miri 編集/星野寛奈

インテリア

「この、モノと対峙する作業は、他人にはできないの。本人しか必要か必要でないかはわからないから。みんなが便利というものでも、本人が使わないものなら無意味。逆に、他の誰もが要らないと言っても、大事なものなら捨てる必要なんてないでしょう」とぷり子。「私はキッチンを掃除するから、その間にさっさと分類おしっ!」とマリさんに言い放ち、汚れたキッチンを隅々まで磨いています。

「ぷり子さん、分類終わりました!」

「手放すモノ」がこんなに!

ぷり子とリビングの片づけを経験したマリさんは、モノの分類スピードが確実に上がっていました。「不要」と判断したものが大量に!

STEP3:手放したモノを振り返る

「あとは必要なモノをしまうだけですよね〜!」と言うマリさんに、「まだよッ!」と白目を剥くぷり子。「あなたって人は成長したと思ったらまだまだね。手放したモノをしっかり心に刻むことで、同じ過ちを繰り返さなくなるのよッ」とぷり子。「人間反省が大事なのよッ!」

<マリさんが手放したモノ>

①賞味期限の切れた食品

Punsayaporn Thaveekul / EyeEm / Getty Images

なんと、賞味期限切れの食材が大量に収納されていました。「もったいない...(涙)。これからはちゃんと在庫管理しようと思います」と反省しきりのマリさん。

②使わない調味料類

Manuta / Getty Images

めずらしいスパイスやドレッシング、ソースなど、未開封の調味料類もたくさん出てきました。「これから先も使うことがなさそうなものは、母や姉に送ろうと思います」

③一見便利な調理グッズ

Watcharin panyawutso / Getty Images

「便利そう」と買った調理グッズや100均アイテムも、実は一度も使っていないことが判明。「使いこなせないモノは手放そうと思います。安いからと安易に買わず、考えるようにします」

④使わない食器、カトラリー類

Visit Roemvanitch / EyeEm / Getty Images
記事に関するお問い合わせ