無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“汚キッチン”の収納を改善♡二度と増えない「賢いモノの減らし方」

「片づけられない女」代表読者・マリさん宅を舞台に、エディターぷり子が読者の部屋を模様替えするこの企画。今回は、片付けの核となる「モノの分類」編! 「モノを減らしたいけど捨てられない」という人は必見です。

イラスト/miri 編集/星野寛奈

2019年5月
インテリア

読者・マリさんの「汚キッチン」

汚部屋読者代表・マリさん(35歳/会社員)のキッチンがこちら。「“片づけられない女”から脱して、彼氏を作って結婚をしたいんです!」と、編集部ぷり子に部屋改造を依頼しました。

前回の記事はこちら

劇的Before→After♡片づけられない女のキッチン「NG収納」チェック!

汚部屋読者代表・マリさんの部屋を見事に片づけたエディターぷり子。続いてキッチンにも着手することになりました。汚キッチンが使いやすい美キッチンに変化する様子をお伝えします! イラスト/miri 編集/星野寛奈
1012

STEP1:まずはモノを全部出す!

乗り気でなかったものの、マリさんのダメ収納ぶりを目の当たりにし、片づけ魂に火がついたぷり子。「マリさん!あなたを叩き直してあげるわ! まずはモノを全部出すのよ!!」と息巻くぷり子に、「わかりました!だ、出します!」と作業に取りかかるマリさん。

調理器具や食材がこんなに

「こんなに大量のモノがあったんですね...。記憶にないモノもたくさん出てきました...」と、大量のモノを前に立ち尽くすマリさんを尻目に、「それを自覚することが第一歩よ。だからモノを全部出せって言ったの。おわかり?」とニヤリとするぷり子。

ひとつ残らずモノを出したキッチン

食器や調理器具などすべてを出したキッチンは入居前の状態のよう。「ひとり暮らしには十分な収納力よ。あなたみたいな人は、どんな広い部屋に引っ越したって散らかすんだわ! この散らかし娘!」マリさんが素直なのをいいことに、暴言を吐くぷり子。「二度と散らかせないようにしてやるわ!」と目を血走らせるぷり子に、嬉しそうなマリさん。

STEP2:出したモノを分別!

「さあ、次は出したモノを分別なさい。やり方はもう分かるわね?」と高慢な物言いのぷり子。「リビングと同じやり方ですよね、わかります」と頼もしいマリさん。

「要る」「不要」「迷う」の3つに分ける

「モノを減らしたくても捨てられない」という人におすすめなのが、全部出して「要るモノ」「要らないモノ」「迷うモノ」の3つに分類すること。すべてのモノに対峙し、「本当に一緒に暮らしたいか」考えることで、自ずと答えは見えてくるはず。また、「迷う」選択肢があることで、分類の手が止まらず、作業が捗ります。

汚キッチンを磨くぷり子

記事に関するお問い合わせ