無料の会員登録をすると
お気に入りができます

六本木の街を舞台に繰り広げられる一夜限りの現代アートの祭典「六本木アートナイト2019」

旅行・おでかけ

六本木の街を舞台にした現代アートの祭典「六本木アートナイト2019」では、2019年5月25日(土)から26日(日)にかけてメインイベントを開催。今回のテーマ「夜の旅、昼の夢」にあわせて、アジアの現代アート界を代表するアーティスト、チェ・ジョンファをはじめ、多くのアーティストが街中にアートスポットを出現させる。作品展示に加えて体験・参加型のプログラムもあるので、アートな週末を夜通したっぷり楽しんで。

RedBall Project 撮影:Kurt Perschke シカゴでの展示風景

会場を周遊する巨大な赤玉のアートで街が非日常の空間に!

イベントでは六本木の街の各所が会場となるけれど、なかにはひとつのアートが日替りでいろんな場所を巡回するものも。

アメリカ人アーティストのカート・パーシキーが手がける周遊型パブリックアート「RedBall Project(レッドボール・プロジェクト)」は、これまで32都市で実現されたもので、今回が日本初上陸。

5月20日(月)から26日(日)までの7日間にわたって、ゴムボールの巨大な赤玉が六本木ヒルズや東京ミッドタウンなどを1日1カ所ずつ移動しながら巡回する。

通常は公共の空間に設置されるパブリックアートが、街の中をお散歩するようなユーモラスな姿は、ありふれた街の姿に新しい活力を与えてくれそう。

FUROSHIKI PARIS(パリ東京文化タンデム2018) 撮影:Takuji Shimmura

世界で最初のエコバッグ「風呂敷」のアート性を再認識

六本木ヒルズの毛利庭園(ヒルサイド側)では、「FUROSHIKI TOKYO展」を開催する。こちらは、2018年の秋にパリ市庁舎広場に大きな風呂敷包みを贈る形で会場を設営して話題を呼んだイベント「FUROSHIKI PARIS」の東京展。

今回は唐草模様の風呂敷パビリオンで、風呂敷の展示やインスタレーション、ワークショップなどを実施して、「世界で最初のエコバッグ」である風呂敷の魅力を世界に発信する。

パリで展示されたオリジナル風呂敷は、北野武、草間彌生、ジャンポール・ゴルチエ、蜷川実花など、個性的なアーティストによるもので、日本では初公開とか。展示を見れば、日本が世界に誇る「風呂敷」のアート性をあらためて実感できるかも。

VIKI《白の訪問者》横浜高島屋

オリジナルの技法で作られる斬新な現代アートが続々登場

六本木ヒルズ内では、施設内の各所でさまざまなアート作品の展示やパフォーマンスが行われる。

例えば、ウェストウォーク2階でライブペイントを行うアーティスト・VIKI(ヴィキ)の《Spin a Memories. 》は、全国から集めた大量のレシートがキャンパスになっている。「記憶のリサイクル」をテーマに、アイロンやコテの熱を与えて絵を描く独自の画法「レシートアート」は、感熱紙という特性を生かしたオリジナル。

こちらのプログラムは、六本木アートナイト参加作品の公募によって選ばれた14組のうちのひとつで、このほかにも実験的な瑞々しいアート作品が続々と登場する。この機会に、新しい現代アートの可能性にふれるのも楽しい。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ