無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お手入れのお悩み解決! 愛犬が嫌がらないお手入れ方法とは

ブラッシングを嫌がってさせてくれない、顔を拭こうとするとタオルを噛んでくる……今回は、お手入れにまつわる飼い主さんの「困った」を解消するポイントをご紹介! それぞれのコツをしっかり押さえて、スムーズに楽しくお手入れしましょう♪

ペット

ブラッシングを嫌がってさせてくれない、顔を拭こうとするとタオルを噛んでくる……そんな悩める飼い主さんへ朗報です!
今回は愛犬の「お手入れ」にまつわるお悩みを解決します。お手入れ別のポイントをしっかり押さえて、スムーズに楽しくお手入れしましょう♪

愛犬をおうちでお手入れするメリット

dog.benesse.ne.jp

おうちでのお手入れには、実はたくさんのメリットがあるのです。
愛犬をきれいで清潔に保てることはもちろん、健康維持や病気予防にもつながります。また、お手入れを通して病気の早期発見ができたり、愛犬とふれあうことで絆を深めたりする効果もあります。

ブラッシングのお悩みと解決策をご紹介

dog.benesse.ne.jp

顔回りのブラッシングを嫌がる…

コームやブラシなどの道具が大きすぎて、犬が怖がっているのかもしれません。

【こうしよう!】コームなどの道具を小さなものに替えてみて

いつもより小さめの道具で試してみましょう。また、顔は正面からではなく、横から徐々にブラッシングするのがポイント。犬が痛がらないように、やさしくとかしてあげましょう。

しっぽや前足のブラッシングをしようとすると、逃げる

しっぽや前足はとくに敏感な部分。とかす力が強すぎたり、ブラシのピンが皮膚に当たったりすると痛みを感じて犬が嫌がることがあります。

【こうしよう】手のひらに被毛をのせてブラッシング

長い毛は手のひらにのせて、ピン先などが皮膚に当たらないようにブラッシングを。こうすれば犬も痛がりません。皮膚を引っ張らないように、やさしくとかしてあげましょう。また、愛犬がブラッシングに嫌なイメージをもっている場合は、よりゆっくりブラシを動かすとよいでしょう。

顔・体拭きのお悩みと解決策をご紹介

dog.benesse.ne.jp

顔を拭こうとするとタオルを噛もうとする…

顔の正面からサッと拭こうとすると犬が怖がって噛むことがあります。また、タオルそのものを怖がったり、逆におもちゃのつもりで噛もうとしたりすることも。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ