無料の会員登録をすると
お気に入りができます

チークレスの時代は終わり!印象が変わる今っぽチークの入れ方4パターン

メイク

時代はチークレス→ナチュラルに取り入れる時代に!

ここ数年はチークレスメイクのブームの影響で、すっかり脇役となっていたチーク。「あえて塗っていない」という人も多かったのですが、最近になってチークに優秀さに改めて注目が集まっているんです!

各ブランドからは大人でもナチュラルに使えるカラーがたくさん発売されているし、なんといっても塗る・塗らないでは仕上がりのかわいさが格段に違う。今押さえておきたい4つの塗り方をまとめたので、日々のメイクにぜひ取り入れてみて!

印象も自由自在。今っぽチークの入れ方4パターン

①小顔効果も狙える?「ツートーンチーク」

別カラーの2色を使ってツートーンに仕上げると、キュッと引き締まって見えるんです。かわいらしい色と大人っぽい色を組み合わせ、絶妙な色味を作りましょう!

(左から)LB ベルベットチーク〈シェードブラウン〉900円、ヴィセ リシェ リップ&チーククリームN〈PK-2〉1,000円

おすすめカラーはブラウンとピンク。ブラウンはシェーディングほど濃い色までいかず、ほんのりと骨格を強調できる色をチョイス。2つを合わせることでピンクの甘さが中和され、大人女性でもグッと取り入れやすくなるんです。また、流行りのブラウンチークをカジュアルに使えるのもいいところ!

まずは頬骨に沿って、ピンクチークをON。いつも塗っている場所でOKですが、笑ったときに頬骨が一番高くなる位置に入れるのがチークの基本。

口角をキュッとあげてそこからす〜っと見えない線を描き、そのライン上(①)にチークの中心がくるようにするとわかりやすいですよ。

ブラウンチークをブラシにとり、ピンクチークの外側(②)に矢印の方向に入れていきます。ふんわりとのせたら、ピンクチークとの境目を指でぼかして完成!

ブラウンを使うことで骨格がキュッと引き締まり、小顔効果もアップ!大人のエッセンスが加わったことで、いつものピンクチークが今どき風に変身しちゃいましたよ♡ヘルシーな雰囲気は、春夏のメイクとも相性バッチリ。

②火照ったようなじんわり感を演出「おフェロ感チーク」

ちょっぴり色っぽく仕上げたい人におすすめしたいのが、黒目の下にポンとのせる方法。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ