無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[大人の工場見学]お菓子やアイスを55品種も製造!「パイの実」生産ラインも見学できる さいたま市「ロッテ浦和工場」

旅行・おでかけ

大人になっても童心に返ってわくわく楽しめる工場見学。今回は、「ガーナミルクチョコレート」や「パイの実」「コアラのマーチ」「雪見だいふく」など、みんなが大好きなお菓子やアイスクリーム55品種を生産している「ロッテ浦和工場」をご紹介。工場見学では人気のお菓子が作られていく様子や包装工程などの製造ラインを見学することができる。チョコレートの甘い香りとともに、日本有数のお菓子工場の見学を楽しんで!

ロッテ浦和工場

浦和工場のみで作っている「パイの実」の製造ラインも見学できる!

1964年に誕生し、日本有数の生産規模を誇るロッテ浦和工場。ガーナミルクチョコレートを中心に、「パイの実」「コアラのマーチ」「クランキー」「トッポ」「爽」「モナ王」「クーリッシュ」「雪見だいふく」など、誰もが一度は見たことのあるお菓子やアイス55品種を生産している。

このロッテ浦和工場では、子供の食育活動の一環として、小学生、中学生、親子の団体などを対象として工場見学を実施している。特にパイの実は浦和工場のみで作っている製品。その様子をおいしい香りとともにぜひ見学して。

見学できるのはガーナミルクチョコレートまたはパイの実

ロッテ浦和工場で見学できるのは、ガーナミルクチョコレートもしくはパイの実の製造ライン。ガーナミルクチョコレートは、ミルク感の効いたコクのある味わいの口どけなめらかなミルクチョコレート。

パイの実は、64層のサクサクパイとチョコのバランスよいおいしさが楽しめる、長年愛されているロングセラー商品。それぞれチョコレートの充填や成型、包装工程などを見ることができる。普段食べているお菓子が次々と作られていく様子に子供も喜ぶこと間違いなし!

パイの実製造過程

おなじみのお菓子が実際に作られていく様子が見られる貴重な体験!

工場見学はまず映像の鑑賞から。続いて製造ラインの見学では、ガーナミルクチョコレートはチョコレートが流し込まれる様子やチョコレートの成型、包装工程を。パイの実は、パイへのチョコレートの充填や、商品を仕分けするロボットの動き、包装工程を見学。

製造ラインの見学が終わったら、もちろん試食も楽しめる。コアラのマーチの絵柄をプリントする機械を見ることもでき、最後には見学の記念にロッテのお菓子が配られる。内容は当日のお楽しみ。

「ロッテ狭山工場」ではコアラのマーチの焼成実験や紙芝居も

ロッテの工場見学はロッテ浦和工場のほか、「ロッテ狭山工場」でも実施中。全国に5カ所あるロッテの工場の中でも、見学ができるのはこの2カ所だけ。

ロッテ狭山工場は、川越・狭山工業団地の西側、国道16号線沿いにある工場。1969年にキャンディ工場としてスタートし、1976年にビスケット専用の第二工場、1990年に糖衣ガム主体の第三工場が完成。工場見学では粒ガムの包装の見学や、コアラのマーチの焼成実験、「コアラのマーチ紙芝居」なども楽しめる。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ