無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「いい節約」と「悪い節約」を知って、貯金下手を脱出する!

生活のため、貯金するために、節約をしている人は多いでしょう。しかし、なぜかお金がたまらないと感じてはいませんか?それは「悪い節約」だからかもしれません。始めるべきなのは「いい節約」です。

2019年5月
節約・マネー

節約して貯金したい!

それ、「いい節約」or「悪い節約」?

お金を貯めるために、日々節約している方はたくさんいるでしょう。しかし、節約しているはずなのに、なかなかお金が貯まらないと悩んでいる人はいませんか?もしかしたら、それは方法が間違った「悪い節約」だからかもしれません。

Abraham / Getty Images

きちんとお金が貯まっていく「いい節約」と、逆効果な「悪い節約」には違いがあります。そこで「いい節約」と「悪い節約」の具体的な例をピックアップ。毎日の暮らし方を見直してみましょう。

お得に生活!「いい節約」

クレジットカードは厳選する

クレジットカードはたくさんの種類があるので、自分の使い方によって厳選するとお得です。例えば、日常生活のほとんどでカード支払いをしているなら、ポイントがたまりやすいカードを選ぶと還元できます。

Nattakorn Maneerat / Getty Images

仕事で飛行機やホテルを利用することが多いのであれば、年会費を払ってでも、その手の補償や保険が組み込まれているカードの方がお得な場合も。今のカードが最適なのか、カード会社や種類を比較してみましょう。

月払いより年払いの方がお得なら切り替える

ジムなどの利用しているサービスの料金や会費をどのように支払っていますか?一年以上続けていて、この先も一年以上は利用する可能性が高いなら、年払いにしてはいかがでしょうか。

Ivan Ozerov / Getty Images

使うたびや月払いよりも安くなる場合が多いので、年間を通して大きな節約になるかもしれませんよ。ただし、あくまで一年の見通しが立つ場合にしておきましょう。一年分を払って、ほとんど利用しなければ、むしろ損になってしまいます。

固定費を見直す

定期的な固定費の見直しも大きな節約につながります。生活費の中で大きな割合を占めるのが固定費です。見直してみると生活の質を下げずに今よりお得になるかもしれません。

Maskot / Getty Images

例えば、家賃は仕事や生活環境を見直して引っ越せば、お安くできるかも。光熱費や保険料、通信費は別のプランにしたり、同じ内容でも別の会社だとお得なこともあります。

必要な物を買い、不要な物を買わない

節約したいなら、必要な物を買い、不要な物を買わないようにしましょう。当たり前のことのように思えますが、意外と不要な物を買いがちです。

記事に関するお問い合わせ