無料の会員登録をすると
お気に入りができます

色が変わるマジカルなレモネード! 京都七条の絵になるカフェ「LITT UP. KYOTO」

グルメ

三十三間堂や京都国立博物館の近くに、2018年9月にオープンした「LITT UP. KYOTO(リット アップ キョウト)」がいま話題になっています。素敵な音楽が流れるなか、華やかに演出された空間で、遊び心あふれるパステルカラーのスイーツやドリンクを堪能してみませんか。

無機質なインテリアが非日常へと誘う空間

メタリックなカウンターが印象的

京阪七条駅から七条通を東へ進み、2筋目を南へ入ったところにあるビルの2階にお店はあります。
迎えてくれる店主の川本さんは、アパレル業界出身。その経験から「ファッションのようにカフェもオシャレに楽しめるはず」というコンセプトで、インテリアや食器がコーディネートされています。

店内の一角にはアンティークな洋書が飾られている

レモネードは作るのも楽しい、ここだけの斬新なメニュー

「スカイレモネード」(650円)

グラスの底からブルーに染まる

アンティークのグラスに入ったレモネードが、意味ありげな小瓶とともに運ばれてきます。透明なソーダ水に浮かぶのはローズの花びら。
手品師になったような気分で瓶のコルクをはずし、グラスに注ぐと・・・・・不思議なことに、青空のような色に変わりました。

淡い紫のレモネードが完成

さらに、レモンを搾りマドラーでひと混ぜすると、今度はパープルに。
川本さんにお願いすると、「小瓶にはバタフライピーというハーブで青く色づけされたシロップが入っており、さらにそれがレモンと反応して赤みを帯びるんです。」と種あかしをしてくれました。

移り変わる空の色を表現したトースト

「スカイバイブス オン トースト」(800円)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ