無料の会員登録をすると
お気に入りができます

なまけ腸を動かそう!8の字エクサで美腸になる3つの理由

美容

姿勢が悪いと腸の動きが鈍くなる

猫背などの“悪い姿勢”のクセは、腸の働きに悪影響を及ぼすのだそう。

「姿勢が悪いと腹筋力の低下をはじめ、骨盤周辺の筋肉の緊張、ゆがみによる内臓下垂を招いて、腸の動きを鈍くします。これらを改善するには、腰や脚を8の字に動かすエクササイズが効果的です。ひねりと曲線の左右均等な動きによって腸を刺激。それによって、骨盤周辺の筋肉をほぐす、腹筋を鍛える、ゆがみを整えるという3つの効果が得られます。一見簡単そうですが、腹筋が弱いとなめらかに動かすのが難しいもの。継続して行えば、みるみる腸の動きが活発になりますよ」(南青山ラ・フォイーユ主宰・中垣葉子先生)

【8の字エクサで美腸になる理由1】整える

左右均等に動いてゆがみを調整

正しい姿勢で、左右に腰や脚を動かすと、動かしにくいほうがあることに気づきます。これは、体がゆがんでいるサイン。8の字エクサを続ければ、バランスが整い、姿勢もよくなります。

【8の字エクサで美腸になる理由2】鍛える

曲線とひねりでインナーマッスルを強化

8の字エクサは、日常動作にはない、曲線とひねりが組み合わさった動きがポイント。腹斜筋、腹横筋、腹直筋などを効果的に使えます。腹筋が強くなれば、便を押し出す力がアップ!

【8の字エクサで美腸になる理由3】ゆるめる

なめらかな動きで緊張をほぐす

長時間同じ姿勢をとると、骨盤まわりの筋肉がこって緊張し、血流が悪くなります。8の字のゆったりとした動きを続けると、筋肉のこりがほぐれて血流が改善。腸が活発に動き出します。

やってみよう!8の字エクサ

【基本の8の字エクサ】腰を動かして、腹筋を鍛える

骨盤まわりの筋肉のこわばりをゆるめて血流を改善。腰をなめらかにひねって腸を刺激し、ウエスト、下腹の筋肉を鍛えます。1日何回行なってもOK。

(1)脚を開いてまっすぐ立つ

足を肩幅より少し広く開いて立ちます。両手は腰にそえましょう。猫背にならないように背すじを伸ばし、リラックスして。

(2)腰で大きく8の字を描く

腰を左右に動かして8の字を描きます。ゆったり、大きく動かすのがポイントです。8回×3セット行って。最初はなめらかに動かせなくても、続けていくうちにほぐれます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ