無料の会員登録をすると
お気に入りができます

驚くほど顔の印象が変わります!《おでこ美人メイク》をレクチャー

「おでこ美人」って聞いたことありますか?きれいだと感じる女性のほとんどが、きれいな丸みを帯びたおでこ美人なんです。とはいえ骨格はどうにもならないので、メイクでおでこ美人を作っちゃいましょう!それだけで顔の印象もガラッと変わるので試してみる価値アリですよ♡

メイク

顔の印象がガラッと変わる!おでこ美人メイクがしたい♡

突然ですが、おでこに自信ありますか?そんなの意識したこともなかった…とハッとした人もいるはず。おでこで顔の印象はすっごく変わるので、見た目にも大きく影響するんです。骨格から変えるのは難しいですが、おでこ美人に見えるメイクを試してみて!

おでこ美人の定義って?

“女性らしい”と言われる人のおでこはみんな丸みを帯びています。それとは逆に”男顔”と呼ばれる人のおでこは直線的なことが多いですよ。芸能人でも、沢尻エリカさんや石原さとみさんは丸みのあるおでこの代表格です。

正面から見たときのおでこの形が楕円に近いとおでこ美人と言えるでしょう。

広すぎるおでこも不釣り合いで、顔の1/3がおでこになるのが黄金比と言われていますよ。

おでこ美人メイク3STEP

それでは!おでこ美人の定義に当てはまる「おでこ美人メイク」をはじめます。3STEPでおでこ美人を作っていきましょう。

①眉は断然細め&長めに引く

太眉がトレンドではありますが、眉はやや細めにするのが正解です!おでこが広すぎる人は別ですが、太眉はおでこの面積が減ってしまうためです。目の1/3くらいの太さになるようメイクしてくださいね。

そして、できれば長めのアーチ型にするとおでこが丸みを帯びて見えやすくなりますよ。目尻よりも長めに引くのがポイント。

とはいえ自眉では細くておかしいよ…という人は、眉の下側を足してみて。困り眉にならないように眉頭と眉尻を調整しながら足していくのがポイントです。

②おでこのハイライトは”丸く”入れる!

おでこにハイライトを入れるのも、おでこを丸く見せるためのテクニック!おでこが直線的な人は、真ん中あたりに丸く入れるとGOOD。円を描くようにクルクルと入れて、そこだけがテカって見えないようにキワを指で馴染ませます。

その時に使うハイライトは、パールタイプよりもマットタイプがいいですね。ラメが細かくて目立たないものを選ぶといいですよ。鼻筋にパールタイプを使っている人も、おでこと使い分けてみて。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ