無料の会員登録をすると
お気に入りができます

壁を使って脂肪燃焼!バレエダンサーが教える、代謝アップストレッチ

運動すると基礎代謝が上がり、美容や健康にもうれしいことばかり。そうとわかっていても、仕事や育児など日々の生活に追われていると、結局やらないままで終わってしまいがち。でも、家の中でできる運動なら、仕事から帰ってどこかに出かける必要もなく、育児の合間にできて、会費も必要ありません。しかも自重を使ったストレッチなら道具も不要。壁1枚分のスペースを使って、年々下がってきた代謝をアップさせませんか? 早速、バレエダンサー武田亜希子さんにやり方を教えていただきましょう!

武田 亜希子

美容

ステップ<1> 全身の代謝アップ

壁と向かい合わせの状態で立ちます。脚は肩幅くらいに開いて両手は壁につき、上半身を前に倒します。このとき、背中は床と並行になるよう、まっすぐの状態に。

この姿勢のまま、息を吐きながら背中全体を伸ばすように丸めます。お腹をへこませて、腰まで丸めるようなイメージで行って。
しばらくしてから、上半身をゆっくりまっすぐの状態に戻し、息を吸います。

今度は、息を吐きながら背中全体を反らします。とくに腰のあたりを意識して反らしましょう。ゆっくりと骨のひとつひとつが動くようなイメージでするのが正解。この流れを、ほどよくくり返しましょう(武田さん)

ステップ<2> 下半身の代謝アップ

壁に向かい合わせになります。両手は壁にそえて。足もとは、ムリのない角度に開いておきます。

右脚のひざを曲げ、少し床から上げましょう。

右脚を左脚の上にクロスさせるようなイメージで、反動をつけて左ななめ前へと振り上げます。

振り上げた右脚の股関節の力をぬいて、自然にひざを曲げたまま、右側へと移動させます。このとき姿勢はまっすぐのまま行いましょう。
10回を目安にリズミカルに脚を振り上げたら、反対側も同様に行って。(武田さん)

ステップ<3> +αに行いたい! ハードな代謝アップストレッチ

最後は、お尻が壁側に向くようにして、あお向けになります。
両脚は天井に向かって上げて、お尻と脚の裏側が壁につくように寝てください。このとき、両足首は直角に曲げておきます。
両手は頭のうしろにそえて。余裕がある人は、頭を上げてみましょう。

この姿勢のまま、両脚を左右に開いていきます。ムリのない角度でかまいません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ