無料の会員登録をすると
お気に入りができます

この口グセで運気が上がる! 積極的に使いたい7つの「前向きことば」

ライフスタイル

日々の生活の中で、何気なく声に出すことばには、人生を変える不思議な力が宿っています。前向きことばを口グセにすることで、よい運気を呼び込みましょう! ことだま鑑定師の水蓮さんのレクチャーとともに、ワンにゃん写真にも癒されてください。

ことばには現実をつくる力があります

「日本には古くから“ことだま(言霊・言魂)”という思想があり、一つ一つのことばには、霊力・魂が宿っていると信じられてきました。よいことばでも不吉なことばでも、声に出すことで、それが現実になると思われてきたのです」と、ことだま鑑定師の水蓮さん。

例えば、結婚式では“切れる・別れる”といったことばが、受験生には“落ちる・滑る”といったことばがタブーだったりと、現代でもことばの持つ影響力を気にする習慣が多く見られます。こういった忌みことばには気を遣うのに、ふだん使うことばには無関心な人も多いはず。

「口グセのように繰り返し声に出すことばがネガティブなものだと、気持ちだけでなく、ことばに宿るパワーによって運気も下げてしまうのです。ふだんよく口にすることばは、できるだけ前向きなものにチェンジして、人生をもっと豊かなものにしていきましょう!」

そこで、積極的につぶやくことで運気が上がる7つの「前向きことば」を紹介します。

運気が上がる7つの「前向きことば」

【おもしろい】

残念なシーンやピンチな状況に陥ったときなどに使ってほしいことば。つまらないこともゲームのように楽しめたり、たいへんな状況だって、何となく大丈夫な感じがしてきます。

【おかげさま】

自分以外の存在を認めて感謝したときに出てくることば。いわれた相手も気分がよくなるうえに、自分自身も大勢の人に支えられているような感じがして勇気が湧いてきます。

【ありがとう】

感謝の気持ちを伝えるために、長い歴史の中で数えきれないほど交わされてきたことば。それだけにことばが持つパワーは最強。いったほうも、いわれたほうも幸せになります。

【おめでとう】

他人の幸せを羨む気持ちがあるといいにくいことば。でも、相手を祝福することは自分を祝福しているのと同じこと。素直に「おめでとう」といえれば自分自身も運が開けます。

【おいしい】

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ