無料の会員登録をすると
お気に入りができます

病気に負けない体をつくるための免疫力の高め方5つのギモン

油断するとすぐに風邪を引いてしまう・・・。そんなあなたは免疫力が落ちる生活をしているのかも。
さまざまな病気から体を守るには、まず自然免疫を上げておくことが大切。
どうすれば免疫を高め、病気に負けない体になるのか、ギモンを解消して免疫力の底上げをはかりましょう。

ライフスタイル

【ギモン1】免疫細胞ってどのへんにあるの?

約6割は腸に存在します

「免疫細胞はさまざまな場所に存在しますが、なかでも多いのが腸で、全体の約6割が存在しています。最近は、腸の免疫が腸内細菌の影響を受けながら、体全体の免疫機能を調整していると考えられています」(順天堂大学准教授・竹田和由先生)

【ギモン2】免疫力を落としてしまう原因は?

不規則な生活やストレスで免疫力は大幅ダウン

「免疫力はちょっとしたことで下がってしまいがち。ふだんの生活で、自分の免疫力を奪ってしまうような行為を避けることが、免疫力を底上げするカギとなります」(順天堂大学准教授・竹田和由先生)

こんな習慣が免疫力を下げる!

不規則な生活

食事や睡眠の時間がバラバラになると、体のリズムがくずれて睡眠の質が下がり、免疫力も下がってしまうことに。なるべく同じ時間帯に食事や睡眠を取るよう心がけて。

ストレス

精神的なストレスはもちろん、物理的なストレスも免疫力を下げてしまいます。体にぴったりした服で眠った人のNK細胞の働き(NK活性)が低下したという研究報告も。

無理なダイエットや偏食

極端に食事量が減ったり栄養バランスが偏ると、免疫システムの働きが低下。5大栄養素に加え、腸に適度な刺激を与える食物繊維を十分に摂取して。

冷えやすい生活

体が冷えると代謝が低下し、免疫システムの働きも鈍ってしまいます。冷たいものはほどほどにして、温かい料理で体を内側から温めて。寒い日は防寒対策も万全に。

【ギモン3】笑うと免疫力が上がるってホント?

大笑いには適度な運動と同様の効果があります

「大笑いすることは“内臓のジョギング”といわれ、適度な運動をした時と同様のリラックス効果があるといわれます。また、ポジティブな考え方がNK活性を高めるという研究報告もあるので、前向きに考えるクセをつけたいものです」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ