無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お使いのブラウザは現在サポートされていません。

一部の機能が正しく動作しない、表示が崩れる可能性があります。

より快適にご利用いただくために、ブラウザをアップデートしてください。

寝具の湿気対策できてる?ジメジメ解消ケア術7選

ジメジメ湿気の梅雨がやってきます。部屋の中は換気したり除湿剤を使ったりしてしっかり湿気対策をしている方も多いかと思いますが、意外と忘れがちなのが寝具。梅雨でも快適に眠れるように、寝具の湿気ケアを知っておきましょう。

ライフスタイル
りんこ on Instagram: “+++ 我が家の。。。 ・ ・ お気に入りポイント! ・ 南面を全てベランダにしてあるので、お布団が一気に干せる٩꒰ ๑′◡͐`꒱♡ ・ いいお天気で布団が喜んでるわ〜( ¤̴̶̷̤́ ‧̫̮ ¤̴̶̷̤̀ ) ・ ステキな3連休を。 ・ ・…”
instagram.com

空が曇ってきたらすぐに取り込みましょう。そのまま放置すると寝具が湿気を吸い込んでしまうかもしれません。押し入れにしまってある冬用の寝具も、晴れた日に干しておくと湿気を放出できます。

5.雨の日は室内干しで風を当てる

まぁこ  ◡̈⃝︎⋆︎* on Instagram: “. 2017.12.15 ☀️ . おはようございます♪ 昨日のpost。おめでとうと沢山の方からコメント頂き、とても嬉しかったです♡ありがとうございました✨ . picは我が家の#布団乾燥機  うちはベランダがありません❣️…”
instagram.com

雨で外に干せないときは、室内に寝具を干し除湿機かサーキュレーターを当てて湿気を放出させましょう。布団乾燥機を使えば梅雨の時期でもふかふかな布団で眠れます。

6.寝室や押し入れの空気を入れ換え

寝室や寝具を収納する押し入れの湿気対策もマストです。晴れた日は寝室の窓を開けて換気しましょう。雨の日は窓は開けずエアコンの除湿機能や除湿機を使って。湿気を吸ってくれる新聞紙や炭、重曹などを部屋に置いておくのも◎。

vicnt / Getty Images

特に押し入れは湿気がたまりやすい場所です。ときどきは扉を開けて、湿気を放出させましょう。押し入れの中にサーキュレーターや扇風機の風を当てて、空気を循環させるのも湿気対策となります。

mc on Instagram: “布団の衣替え ・ 寝室用の寝具も全て和室の押入れに収納しています。冬物の寝具をコツコツ洗い終え、ようやく入れ替え完了☕️ ・ IKEAのSKUBBシリーズの布団ケースが使いやすくお気に入りです✨少し嵩高くなりますが柔らかい布団を重ねてもピシッとします。 ・…”
instagram.com

寝室には温度計と湿度計を置き、睡眠に快適な環境を保ちましょう。温度は夏場は約25~26度、湿度は約50~60%が睡眠に快適な空間の目安です。

7.押し入れの湿気対策を万全に

🄼🄸🅂🅄🅉🅄 on Instagram: “𓇼 𓆉𓇼 𓆉𓇼 𓆉𓇼   #寝室  寝室のものを全部他の部屋に移してブラーバで床拭きをしました( ^ω^ ) 床拭きするとサラッとするから気持ちいい✨  私はベッド派ではないけど旦那がベッド派。…”
instagram.com

寝具を収納する押し入れは湿気が溜まりやすいです。寝具を置く場所にはすのこを置いて、空気の通り道を作ってあげましょう。また除湿シートを敷くのもありです。さらに除湿剤も置いて、湿気対策を徹底しましょう。

寝苦しい梅雨こそ快適に眠りたいから

KatarzynaBialasiewicz / Getty Images

梅雨はジメジメとし、寝苦しいと感じる人も多いでしょう。そんな梅雨シーズンだからこそ寝具をしっかりとケアして、心地よく快適に眠れるようにしましょう!

記事に関するお問い合わせ