無料の会員登録をすると
お気に入りができます

寝具の湿気対策できてる?ジメジメ解消ケア術7選

ジメジメ湿気の梅雨がやってきます。部屋の中は換気したり除湿剤を使ったりしてしっかり湿気対策をしている方も多いかと思いますが、意外と忘れがちなのが寝具。梅雨でも快適に眠れるように、寝具の湿気ケアを知っておきましょう。

2019年6月
ライフスタイル

梅雨の時期は寝具までジメジメ…

梅雨時期はジメジメと部屋の湿気もMAXモード…。部屋の換気は徹底しているという方も、寝具のケアは見落としてしまってはいませんか?

ϻ.ʏ on Instagram: “* . #bedroom . 🐕お散歩前に撮ったこのpic . 2枚目のpicは早く行こーって オレちゃんフレームin . 何か要求がある時は いつもこの顔で静かにひたすらじっーっと 見つめてきます😂 . . . #myhome #monotone…”
instagram.com

湿気を溜め込んだリネン類はダニなどの発生にもつながります。快適な眠りのためにも、寝具の湿気をケアしたいですね。そこで今回は、梅雨シーズンの寝具のケア術をご紹介します。

寝具のジメジメ解消ケア術7選

1.寝具は“下”から湿気対策

ゆい유이 on Instagram: “.
太陽とともにベッドも移動
#シンプルな暮らし #ていねいな暮らし #身の丈にあった暮らし #リビング #인테리어 #거실”
instagram.com

まずはいつも寝ている寝具の“下”から対策。湿気は下に溜まります。敷き布団なら、すのこを敷いて空気の通り道を作りましょう。ベッドなら、寝具用の除湿シートや寝具パッドを敷くと良いです。

2.起きたら放置して湿気を放出

寝具は敷きっぱなしにせず、毎日上げましょう。ただし、起きてすぐに片付けてしまったりベッドメイキングをしたりするのはNG。

Photo by Spencer _ / Unsplash

寝てる間は汗をたっぷりとかき、寝具には湿気が溜まっています。特に梅雨の時期は湿気を溜め込みやすいです。ベッドや敷き布団はまずは起きたときのまましばらく放置して、表面から湿気を放出させましょう。

𝐌𝐢𝐧𝐚 on Instagram: “. . すのこベッドとマットレスを買い揃えました🛏 . すのこベッドは以前夫用のものだけは買っていたんですが、それが廃盤になってしまい🤦🏻‍♀️ 揃わないと気持ち悪いので新しく2つ買い直し😭…”
instagram.com

サーキュレーターや除湿機を当てるのも良いです。掛け布団は椅子などにひっかける、枕は立てかけるなどして、風を通すのも◎。

3.週に1度はベッドリネンを交換

肌に触れる枕カバーやベッドカバー、掛け布団カバーなどのベッドリネン類は汗を吸収してくれます。そのため、交換を怠ると肌荒れの原因になることも…。

KatarzynaBialasiewicz / Getty Images

リネン類は最低でも週に1度は交換し、洗濯をしましょう。梅雨の時期は通気性の良い綿や麻素材のベッドリネンを使うと快適に眠れますよ。

4.晴れた日は寝具を干す

晴れた日は寝具を天日干しにしましょう。敷き布団やマットレス、掛け布団、シーツカバー、枕、パジャマ…など何でも直射日光に当てて。片面30分ほどしたら裏返して、さらに30分干します。

記事に関するお問い合わせ