無料の会員登録をすると
お気に入りができます

脂肪をためない、10の“やせ食べ時間”に合わせた食事スケジュール

美容

time【1】 6:40 水分補給

白湯で水分補給&デトックス力UP

「睡眠中はコップ1杯ほどの汗をかくので、起きたら水分補給を。老廃物を排泄する力も高まります。冷たい水より、温かい白湯のほうが内臓を冷やさないのでおすすめです」(管理栄養士・金丸絵里加先生)

time【2】 7:00 朝食

600kcalを目安にしっかり食べてやせリズムをオン!

「体のやせリズムをつくり、代謝を上げるには、バランスのよい朝食が必須。時間がないときはコンビニのハムやチーズのサンドイッチに、インスタントスープなどを利用してもOK。ヨーグルトを添えれば、便通もスムーズになります」

time【3】 10:00 間食

野菜補給を兼ねてジュースを1杯!

「朝食が少なめだったり、軽くお腹がすいたときは、野菜ジュースをチョイス! 不足しがちな野菜が手軽にとれますし、水分も補給できます。ほどよい糖分もあるので、満足感も得られますよ」

time【4】 12:00 昼食

00kcalを目安に糖質&たんぱく質をしっかりとる

「昼食は午後の活動に備えて、糖質やたんぱく質をしっかりとって。野菜もバランスよくとれる中華メニューはおすすめ。体は脂肪をためこむ状態になっていないので、ボリュームのあるものを食べたいときは、ここで食べるのがベスト」

time【5】 15:00 間食

午後4時までなら200kcalを目安に甘いものもOK!

「甘いものも、太りにくい時間帯を選べば、食べてもOK。最も脂肪になりにくい午後2~4時に、200kcal以内のものを上手にとって。不足しがちな豆類がとれる豆大福は、栄養が補給できる点でもグッドチョイス!」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ