無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“とびきり綺麗”を作るために♡特別な日のための6つの習慣

デート前、結婚式直前などの特別な日は、とびきり綺麗な姿で迎えたいですよね。毎日続けるとこで、肌の調子を整え美肌に近づく習慣を紹介します。

2019年6月
ライフスタイル

特別な日は美肌でいたい♡

hair.cm

大切な日に肌トラブルがあると、気になってしまいますよね。そこで、“特別な日”に向けて美肌を保つ習慣をご紹介します。

美肌を作る習慣①:湯船に浸かる

unsplash.com

帰りが遅くなるとシャワーで簡単に済ませたくなりますが、毎日湯船に浸かる習慣をつけましょう。入浴は毛穴が開き肌の洗浄効果が高まり、角質も落ちデトックス効果があります。湯船は最高の美肌ケアです。

湯船でマッサージもプラス

unsplash.com

リラックス効果が高くなる38~39度が適温です。湯船の中で簡単なマッサージをプラスしましょう。足の指を1本ずつ手でぐるぐる回します。逆回しも。反対側もした後、足首もすると血行促進効果がありますよ。

美肌を作る習慣②:紫外線対策をする

unsplash.com

美肌を作るには紫外線を防ぐ事が不可欠です。紫外線を浴び続けていると、シミやシワが増え肌のハリや弾力がなくなってしまい、たるみの原因になります。老化から守るためにも、日焼け対策に気をつけましょう。

帽子や日傘、サングラスをプラスしよう

𝑟𝑛𝑎  .゜ on Instagram: “・
・
・
雨続きだったけど
夏がやってきました
・
記念日のプレゼントに
もらった日傘。
強い日差しが苦手で、
帽子より日傘の出番の方が
かなり多いので
すごくうれしかったです 𓐣𓈒𓏸
・
・
・
#日傘 #sunshade 
#linfrancaisdantan”
instagram.com

紫外線対策は日焼け止め以外にも帽子を被り、日傘をさすことが重要です。日傘はUVカットされている物を使いましょう。紫外線は目からも吸収されるのでサングラスやUVカットコンタクトがオススメです。

美肌を作る習慣③:洗顔方法を見直す

Anthony Marsland / Getty Images

普段の洗顔はどのようにしていますか。洗い過ぎると肌に必要な常在菌まで流してしまい、ドライスキンの原因になってしまいます。ゴシゴシ力強くこすっているという方も肌を傷つけてしまうので注意が必要です。

byryo / Getty Images

泡で洗うという感覚でしっかりと泡だて優しく洗いましょう。すすぎ洗いは肌の負担になりにくい33~35度のぬるま湯が適温です。朝は、ぬるま湯で洗い、夜はしっかりクレンジングをしてから洗顔しましょう。

美肌を作る習慣④:保湿する

unsplash.com

べたつくからと化粧水で終わらせてしまうのはシーズンを問わずNGです。乳液、美容液でしっかりと蓋をすることが大切です。紫外線や、エアコンで潤い不足になってしまった肌は、触るとゴワゴワしています。

RUNSTUDIO / Getty Images

日中は、ミスト化粧水を常備しておくのもオススメです。また、保湿成分が入ったシートマスクは即効性が高いので、週に数回使うともちもち肌になれますよ。小まめなケアが大切です。

美肌を作る習慣⑤:甘い物を抑え野菜中心に

unsplash.com

体の中のケアも重要です。美味しいスイーツも特別な日に向けて我慢してみてはいかがでしょうか。肌に透明感がないと悩んでいる方は、原因は甘いものにあるかもしれません。何事もほどほどが体に良いですよ。

unsplash.com

野菜には肌を綺麗にするコラーゲンやビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれています。肌がくすんでいる時、野菜が足りているか再確認することが重要です。

美肌を作る習慣⑥:睡眠を十分に取る

寝る前に1杯の白湯を飲むとぐっすり眠れる

Photo by Vladislav Muslakov / Unsplash

肌のゴールデンタイムは入眠後3~4時間と言われています。肌の新陳代謝を促進するホルモンが分泌されるからです。日付が変わる前に寝る習慣を作りましょう。

oceans-nadia.com

睡眠前に白湯を飲むと体が温まり、睡眠が深くなります。日中エアコンにずっと当たっていると体はどんどん冷えてしまうため、温めてから寝ましょう。便秘解消効果があるので、腸から綺麗になれそうですね。

美肌は毎日の積み重ねで作る

hair.cm

美肌を作るコツは、毎日少しずつ積み重ねて習慣化することです。とびきりの日に輝くためにも始めてみませんか?続けられるときっと自分の自信に繋がりそうですね。ぜひ参考にして下さい。

記事に関するお問い合わせ