無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お嬢様の言葉遣い!育ちが良く見える印象を身につけよう

ライフスタイル

お嬢様らしい言葉遣いは一日で身に付けることができないからこそ、教養や品が表れるもの。今日から意識したい、ついやってしまいがちだけど気を付けたい言葉づかいや、いつもの会話に品を添える言葉選びのポイントをご紹介いたします。

大和言葉で柔らかくお嬢様らしい印象に

最近は絵文字や顔文字、スタンプなどで感情表現することができる便利さの反面、純粋に言葉だけで気持ちを伝えることが苦手な人が増えてきているように見受けられます。

絵文字などを使うことができないビジネスメールなどでいざ文章を書いてみると、「なんか怖いかも」「ちょっと硬いかな」などと思うことはありませんか。こんな時代だからこそ「、」と「。」だけの文章でもカジュアルになりすぎず、言葉だけで柔らかさを表現できている人はとても素敵です。

そこで有効なのが日本で古くから使われている生粋の和の言葉「大和言葉」。例えば「待っています」と言うより「心待ちにしております」の方が、期待感が伝わりますよね。また、「ご協力お願いします」よりも「お力添えをお願いします」、「結構です」より「お構いなく」の方が、柔らかさが伝わってくる気がしませんか。もちろん、メールだけでなく会話でも役立ちます。

礼儀正しくと意識するとつい硬くなってしまうという方は、この大和言葉を取り入れてみるとちょっとした会話の中でも相手への心遣いを表現することができますよ。

言葉遣いは一日で変えることはできませんが、だからこそ意識するとしないとでは年々差が開いていくもの。ぜひできるところから実践してみてくださいね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ