無料の会員登録をすると
お気に入りができます

SLやまぐち号で行く、山陰の小京都・津和野を旅さんぽ

旅行・おでかけ

「山陰の小京都」ともよばれ、文豪・森鴎外の出身地でもある島根・津和野。山間部にある隠れ家のようなこの町は、新山口駅から出発する「SLやまぐち号」の到着地点でもあります。今回は、蒸気機関車でいく、情緒あふれる津和野の町を旅さんぽ。見ごたえのある鯉の池やレトロな城下町、おすすめグルメなどをご紹介します。

津和野を代表する鯉の池がある「鯉の米屋」

「SLやまぐち号」が津和野駅に着いたら、まず足を運んでおきたいのが「鯉の米屋(吉永米店)」。駅から徒歩3分くらいのところにある、表に吊るされた米俵が印象的なお店です。昔ながらの老舗の米店ですが、ここの中庭にある池は必見。個人宅の敷地内なのですが、善意で公開されています。津和野を旅する人の多くが、この池を見学しに訪れるのです。

お店に入って中庭へ抜けると、色とりどりの鯉たちが泳ぐ池がすぐに目に入ってきます。

津和野の家々では鯉を飼う習慣がありますが、そのなかでも、この池はとくに素晴らしいと評判。ここで飼われている鯉たちは、数が多いだけでなく、1匹1匹のサイズも大きくて見ごたえがあります。そのため「鯉の町」でもある津和野の町で、人気のスポットのひとつに。ですが個人宅のため、マナーはお守りくださいね。

鯉の米屋(コイノコメヤ)

レトロな町並みに佇む西洋ゴシック建築「津和野カトリック教会」

津和野のメインストリート「殿町通り」。石畳の通路に歴史を感じさせる建物が軒をつらねる通りで、ひと際印象的な洋風の建物が「津和野カトリック教会」です。日本のレトロな町並みのなかに突如現れる西洋ゴシック建築で、その美しい佇まいは津和野のシンボル的な建物のひとつになっています。

門をくぐり抜けて教会のなかへ歩みを進めると、そこはカラフルなステンドグラスから差し込む光に照らされた空間が広がっています。西洋の教会の内部には、テーブルと椅子が配置されているのが一般的ですが「津和野カトリック教会」は、両サイドに畳が敷いてあるのが特徴です。和洋折衷の文化の姿を垣間見ることができるでしょう。

津和野カトリック教会(ツワノカトリックキョウカイ)

旬の食材で作る美味しいイタリアン「アルチジャーノ」

見ごたえのある鯉の池やレトロな城下町、和洋折衷のゴシック様式の教会を訪れた後は、そろそろランチに向かいましょう。「アルチジャーノ」は、古い日本家屋を現代的なセンスでリノベーションしたおしゃれなイタリアンレストラン。地元で採れた旬の食材を使用した、ピザやパスタなどの美味しいイタリア料理の数々が食べられるお店です。

ベーコンとたまねぎのトマトソースのパスタ(前菜コースで2,052円)

ランチのメインはピザかパスタ。メインのほかには、シンプルなサラダか、野菜にハムやチーズがアレンジされた前菜を選べます。メインの前に運ばれてくるパンも、メインがテーブルに届けられる前にすべて食べてしまいたくなるような美味しさ。食後のドリンクも付いています。300円でドルチェをプラスすることもできます。

写真は、ベーコンとたまねぎのトマトソースのパスタ。イタリア料理の技術によって、この土地で採れた旬な食材のおいしさが存分に引き出されたひと品です。自家製の手打ち麺を使用しているのもうれしいポイント。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ