無料の会員登録をすると
お気に入りができます

雨の日はゆっくり読書♡今年売れてる小説9選

すでに梅雨入りした地域もあり、全国で雨の日が続くシーズンがやってきます。外におでかけできないなら、家でまったり読書をしませんか?そんな雨の日の読書計画にぴったりな、今年売れている小説をご紹介します。

2019年6月
カルチャー

雨の日が続くから、家で過ごすことが多い…

せっかくなら読書でまったり

梅雨がやってくるこの時期。アクティブなおでかけをするわけにもいかず、家の中で過ごす方も多いでしょう。せっかく屋内にいる時間が増えるなら、じっくりと読書をしませんか?

glebchik / Getty Images

そこで、今年売れている人気の小説をご紹介します。

心が揺れる恋愛小説

①愛がなんだ / 角田光代

相手のことばかり考えて、相手優先で動いてしまって、相手に振り回されて….。そんな恋愛をしたことがある女性も多いのでは?しかも、片思い。角田光代さんの『愛がなんだ』はまさにそんな片思い小説です。

Photo by Brigitte Tohm / Unsplash

とにかく全力で片思いをするOLテルコは、マモちゃんに片思い中。でも彼は自分ではない女性が好きで…。「恋人」や「友達」ときっぱり分けられない人間関係と、「好き」や「嫌い」ときっぱり分けられない感情が描かれています。片思いをしたことがある人なら、必ず共感できる一冊です。

2019年4月には実写映画が公開。テルコを岸井ゆきのさん、相手のマモちゃんを成田凌さんが演じています。

愛がなんだ

角川文庫

¥ 562

OLのテルコはマモちゃんに恋をして、全てを彼優先にして、会社もクビになる寸前。しかし、彼はテルコのことを好きじゃない。テルコの片思いはエスカレートしていって…。恋を経験した女性ならきっと共感してしまう小説です。

商品詳細
愛がなんだ
www.amazon.co.jp
商品詳細

②君は月夜に光り輝く / 佐野徹夜

恋の淡い気持ちを思い出させてくれる小説がこちら。大切な人を失い、どこか投げやりに生きている、男子高校生の岡田卓也が主人公。「発光病」という月の光を浴びると体が発光するという不治の病で入院した、同級生の渡良瀬まみずに出会います。そして、死期が近い彼女の願いを叶えることに…。

Photo by Benjamin Voros / Unsplash

ときめくような思いと同時に、生きることの重さを知れる、感動のラブストーリーです。読み終えたとき “今を生きる”ことを深く実感できるはず。

2019年3月に実写映画が公開。主人公の岡田卓也を北村匠海さん、渡良瀬まみずを永野芽郁さんが演じています。

君は月夜に光り輝く

メディアワークス文庫

¥ 680

大切な人を失い、どこか投げやりに生きている、男子高校生の岡田卓也。そんな彼は同級生の渡良瀬まみずに出会います。「発光病」という不治の病で入院した彼女の願いを“代行”することに。心にそっと寄り添い、そして強いメッセージを残すラブストーリーです。

商品詳細
君は月夜に光り輝く
www.amazon.co.jp
商品詳細
記事に関するお問い合わせ