無料の会員登録をすると
お気に入りができます

口グセで現実が変わる!? ネガティブ発言を「前向きことば」に変えて運気を上げる方法

ライフスタイル

「繰り返しつぶやく口グセは、現実になる可能性を多く秘めています」と指摘するのは、ことだま鑑定師の水蓮さん。ついいってしまいがちなNG口グセを、前向きことばにチェンジして運気をアップさせる方法を教えてもらいましょう。かわいいワンにゃん写真つきでお届けします。

ネガティブ発言を「前向きことば」にチェンジ!する10の例

◆「どうせ、私は×××だし…」をチェンジ!

→「どうせ、私は×××。だけど、 ○○○だよね!」

“どうせ”は、NG面だけが強調されて自分の中にある多くの可能性を奪う口グセです。この口グセのあとには、必ずポジティブなことばをつけ加えてみて。「どうせ、私は仕事が遅い。だけど、丁寧だよ」といった具合に、自分のよい面を引き出して。

◆「なんかいいことないかなぁ…」をチェンジ!

→「なんかいいことは、ある! 何があるとうれしいかな? 」

「いいことないかなぁ……」は、“いいことがない”という思い込みを増幅させて、わざわざ“幸せでない自分”をつくり出している口グセ。この場合は、「いいことは、ある!」と、語尾を変えるだけで気持ちがぐっと前向きになります。そして、具体的に何があるとうれしいのか考えて行動に移してみましょう。

◆「だって、しょうがないじゃん!」をチェンジ!

→「だって、しょうがないじゃん…。どうすればいいかなぁ?」

ツライときに出てしまう「だって、しょうがないじゃん!」は、“しょうがない”という現実だけが残り、その先に進めなくなる口グセです。本当は“どうにかしたい”という気持ちがあるはず。それなら、「どうしたらいいの?」と相手や自分に問いかけてみて。諦めかけた物事が少しずつ前に進むようになりますよ。

◆「あ~、面倒くさい!」をチェンジ!

→「あ~、面倒くさい…。でも、チャンスだよね」

煩わしい仕事や家事をやり終えたとき、あなたの経験値は確実に上がっています。だから、「面倒くさい!」だけで片づけず、「(スキルアップの)チャンスだ!」と口にしてみて。そうすれば、気持ちも現実もプラスの方向に進みだします。

◆「だからいったでしょ!」をチェンジ!

→「よくがんばったね。どうすればよかったと思う?」

子どもに対して「だからいったでしょ」や「だからダメなんでしょ」は、NGワード。子どもに「できない自分」「ダメな自分」という思いを植えつけてしまいます。この口グセが出そうになったらグッとこらえて、まずはほめること。そして解決策を探すよう導いて。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ