無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ごちそう感がぐ~んとアップする!まねしてみたい、とっておきの手まり寿司アイデア

レシピ

おいしいのヒントがいっぱい!みんなの手まり寿司

洋風な具材にあわせて、酢飯をアレンジ

甘海老、カニカマ、サーモン、ローストビーフ、生ハム大葉チーズ、大根の浅漬け。彩り豊かな具材がシンプルな大皿にぎっしりと盛り付けられた @chiori.m.m さんの手まり寿司。

お酢にわさびを溶いてわさび酢飯にしたり、ローストビーフやスモークサーモン、生ハムなど洋風の具材には、酢飯に粉チーズやブラックペッパーを混ぜ込んであわせたり。酢飯をアレンジすることで味の幅が広がり、食べる人にとってもうれしい驚きを与えてくれます。

盛り付けは、全体の色味や具材のバランスを見ながら

サーモン、海老、イクラのたまご軍艦、大根の漬物、きゅうりの漬物。イクラが神々しく輝くこちらの手まり寿司も、先ほどご紹介した @chiori.m.m さんによるもの。丸い酢飯にぴったりのせるために、大根やきゅうりは塩をしてキッチンペーパーで水気をしっかりとってから、顆粒の出汁や白だしに少し漬けて味付け。酢飯と具材とあわせた後はラップでキュッと包みます。

盛り付けのポイントを伺ったところ、「均一な大きさで型を揃えることと、同じ具材が隣同士にならないように全体の色味や具材のバランスを見ながらやっています。」とのこと。海苔の代わりに薄焼き卵を巻いて、イクラなどお好みのネタを盛り付けるたまご軍艦は、お子さんたちのお気に入り。みんなでワイワイ楽しめるのも手まり寿司の魅力です。

木のプレートに彩りよく並べて

鯛の昆布締め、鮭イクラ、ローストビーフ、明太子、ごま枝豆。木製のプレートに行儀よく並べられた @sakosako352 さんの手まり寿司。作る時のポイントは、あまりギュッと握りすぎないことと彩り豊かになるように具材を考えること。また盛り付けの時は、手まり寿司をランダムに置いて、見た目でも楽しめるように工夫されているそうです。

お重に4かける4の手まり寿司

いか、二十日大根と桜、海老と卵、ネギトロ、酢蓮根と卵、きゅうりといくら、八重椿、二十日大根とイクラ、鯛、鮪、帆立ときゅうり、あなご。ずっと見ていたいほど美しい @aya_m08 さんの手まり寿司。

きれいに仕上げるには乾燥と鮮度に気をつけながら作ることが大切で、なるべく酢漬けした野菜の手まり寿司から作り、一つできあがるたびにラップに包んで冷蔵庫で保管。全種類できたら一気にラップを外して、並べるようにしているとのこと。

余った酢飯と甘酢漬けで、ワンプレートランチに

こちらの手まり寿司も先ほどご紹介した @aya_m08 さんによるもの。みんなでお祝いした翌日に余った酢飯や甘酢漬けで作られたそうですが、魚ネタがないとは思えない豪華さですよね。ラディッシュやきゅうりはできるだけ薄めにスライスすると、線がきれいに見えて華やかでごちそう感いっぱいのワンプレートランチに。

大根で包むだけ、2色の椿手まり寿司

薄切りにした大根をだし酢に漬けて花びらに、細かく刻んだたくあんで黄色いめしべを表現した @sachi825 さんの手まり寿司。たくあんの代わりに錦糸玉子や炒り玉子、柚子などのトッピングもおすすめ。お弁当箱に詰める場合は大きさを考えて、酢飯の直径をあわせるときれいに並べられるとのこと。小さく丸めた酢飯を大根で包むだけで、手軽にできるのはいいですね。

お花見や持ち寄りパーティーにも使える!映える♡椿手毬寿司レシピ | michill(ミチル) https://michill.jp/author/column/22238
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ