無料の会員登録をすると
お気に入りができます

結婚、仕事、美容…迷えるお年頃。悩みは「具体化→見える化」で解決!

ロカリ世代は結婚や仕事、美容など、女性としていろんな悩みを抱えている年頃ではないでしょうか。そんな全ての悩みを解決してくれるのが「具体化→見える化」なんです!

2019年6月
ライフスタイル

大人の女性として悩みは尽きない…

あらゆる悩みは「具体化→見える化」で解決

年齢を重ねてきた女性にはさまざまな悩みがありますよね。結婚や出産などプライベートのこと、仕事などキャリアに関すること、美容や健康など体のこと…。

Mykhailo Lukashuk / Getty Images

そんな全ての悩みを解決できる方法があります。それが「具体化→見える化」。悩みを具体的に細かく見つめることで、やるべきことが見えてくるという方法です。いったいどのような方法なのかを詳しく解説します。

悩み解決の「具体化→見える化」6STEP

1.現状をしっかりと見直して、悩みを具体化する

Photo by Yoann Boyer / Unsplash

まずは悩んでいる現状を具体化しましょう。自分がどういう状態なのか、どういう状況なのか、どういう悩みがあるのか、どうして悩んでいるのか…など悩みを具体的にすることで、悩みの核心に迫ることができます。

2.悩みを解決した姿を細かく思い浮かべる

悩みを解決した自分の姿を想像してみましょう。これも具体的に。どうしたいのか、どうなりたいのか、どういう状況なのか、どんな気持ちなのか、どんな物が見えるのか、どんな人が一緒にいるのか。

Hero Images / Getty Images

悩みを解決した自分の姿が輝いていて幸せになることを実感できれば、「頑張ろう」というモチベーション維持にもつながります。

3.マイナスな結果になることも想像する

Damir Khabirov / Getty Images

悩みが解決しても、マイナスな結果をもたらすこともあります。現状が悪化する可能性があるのはどんなときか、というマイナスな結果についても具体的に考えてみてください。

4.課題を挙げる

Westend61 / Getty Images

悩みが解決するために必要な課題を具体的に考えます。いつ、どこで、誰と、どんなときに、どのように起きる課題でしょうか。その課題をどのように解決するのか、先ほど考えたマイナスな点もどのように解決するのか。課題をクリアできれば悩みも解決します。

記事に関するお問い合わせ